サーバ・ネットワーク監視ツール「PATROLCLARICE (パトロールクラリス)」、 株式会社マスチューン様が個人投資家向けコミュニティプラットフォーム『みんなの株式』にご採用

株式会社コムスクエア 2007年07月03日

株式会社コムスクエア(東京都江東区:代表取締役社長 上嶌 靖、以下コムスクエア) は、自社開発のサーバ・ネットワーク監視ツール「PATROLCLARICE®(パトロールクラリス)」を株式会社マスチューン(本社:東京都文京区、代表取締役社長CEO:瓜生 憲 以下マスチューン)に納入し、同社が開発・提供する個人投資家向けコミュニティプラットフォーム『みんなの株式』のシステム監視にお役立ていただくこととなりました。

1.個人投資家向けコミュニティプラットフォーム『みんなの株式』について
 ★サービス公式サイト:  (リンク »)

『みんなの株式』は株式投資に特化したSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。通常のSNS機能に加え、銘柄についての「買い」「売り」予想の投稿(『みんかぶPicks』)や、銘柄別のコミュニティなど株式投資"に特化した機能を用意しております。

◆サービス内容
みんかぶPicks / みんかぶポートフォリオ / みんかぶコミュニティ /
銘柄ページ / ニュース(予定) / マイページ / ランキング / 日記


2.PATROLCLARICE®(パトロールクラリス)について

★製品公式サイト:  (リンク »)

コムスクエアが、法人顧客向け大規模システムのiDC/MSP実績で培った技術・ノウハウ・経験をベースに開発した高機能監視ツールです。

プログラム(エージェント)をサーバ内へ置かないエージェントレス方式によりサーバ・ネットワーク機器の監視が可能で、URL階層監視、Web改ざん、ログキーワードなどのサービスレイヤーから、サーバやネットワークへの死活、リソース、トラフィック監視など、閾値設定による高付加や障害を検知し、管理者へ的確に通知します。
1台のアプライアンス製品から数千台の大規模ネットワークまでに適した料金プランと、操作性と利便性を重視した完全日本語対応のため導入・運用が容易で、エージェントレスにより監視対象(サーバ)に負荷を掛けず監視ができることから、iDC、MSP事業者などの商用利用や官公庁、地方自治体、大学、大手民間企業における自社使用など幅広くご採用いただいております。


3.ご導入の経緯

■これまでの課題
マスチューン様では、多数の個人投資家が参加して証券・金融情報が集積する『みんなの株式』のサイト上で実際のシステム障害が起きた場合に予測されるリスクを回避するためには、高度な監視態勢が必須としてご検討を重ねておられました。
また、サイト加入メンバーの増加に伴うアクセスおよびコンテンツ投稿等の急増、さまざまな新機能の追加等に対応して、システムは大幅かつ多様な拡張を続けていくことが前提であり、システム全体の負荷の発生状況や程度を明確に把握するために、サーバやシステムだけでなく、関連するネットワーク機器の監視も重要な課題となっていました。

■選定理由

①サーバ、OSに依存せずに使える完全なエージェントレス型の監視ツール

『みんなの株式』はサイト本体の機能拡充に加えて、提携証券会社様とのコンテンツ連携によるID連携や、外部からの多彩なサービスも複合的に運営されます。PATROLCLARICE®(パトロールクラリス)は、監視プログラム(エージェント)をサーバ内へ設置しない「完全なエージェントレス型」の監視ツールです。 よって、監視対象サーバのOSやバージョンに依存せず導入可能なため、本番システムへの負荷や増設に伴うインストールや設定の手間もなく、『みんなの株式』を安全に運用することができるとツールであると高くご評価いただきました。

②ポイント単位のシンプル&柔軟なライセンス利用形態

PATROLCLARICE®(パトロールクラリス)のライセンス提供は「監視ポイント単位」となっております。ライセンス体系が非常に簡潔であり、監視対象の追加・変更にも柔軟に対応可能です。たとえば、サーバ入れ替えを行う際でも監視ポイント数が同じであれば新たなライセンス費用は発生しないなど、一般的なノード(サーバ)単位と比べ、無駄なライセンスを購入する必要がなく、システムの拡張と頻繁な更新に最適です。

③監視カスタマイズがイージー&高性能で、コストを大幅削減

PATROLCLARICE®(パトロールクラリス)では、ユーザが独自の監視モジュールを容易に作成することが可能です。これによって、人手に頼る必要があったスクリプトやパッケージ製品だけでは行なえない細かな監視設定を統合化することができ、監視結果はレポート機能を活用できるため、運用・監視作業のミスや漏れ、監視対象の増加に比例した作業量の増加を軽減=大幅なコスト削減を実現可能です。

④運用オペレーション補完ツールとしての利便性も兼備

PATROLCLARICE®(パトロールクラリス)では、エンドユーザの視点から見たWebサービスおよび上位レイヤのサービス監視をきめ細かく行うことができます。そのため、システム監視を通じて、『みんなの株式』をご利用いただいているお客様へサービスが正常に提供されているかを確認するためのURL監視ツールとしても、ご注目いただきました。

■現在ご採用いただいている監視内容
ハードウェア死活監視 / URL監視 / ログ監視 / パフォーマンス監視 / リソース監視 / プロセス監視

■導入による効果
①急激なトラフィック増加に伴いサーバ負荷が閾(しきい)値(通常稼動時より高い値)を超えた場合にはアラートが上がるため、システム障害の可能性を事前に判断でき、対策を講じる時間的余裕が確保できる。
②PATROLCLARICE®(パトロールクラリス)に実装されているレポート機能使いサーバの負荷状況、メモリ使用率、ディスク使用率、障害履歴をグラフ化することで、視覚的に増加傾向を把握できる。
③サーバカルテ機能により、サーバ個別のキャパシティープランニングとして活用ができる。
④システムに負荷を与えるバッチ処理についても把握できるため、バッチ処理の稼動時間を調整したり、処理の見直し等の対策を行うことが可能となります。

■今後のご展開
マスチューン様では『みんなの株式』の機能拡張に際して、PATROLCLARICE®(パトロールクラリス)のご活用による最大限の監視効果達成を引き続きご検討される予定です。


4.株式会社マスチューン様について

■株式会社マスチューン MASSTUNE, Inc.
■代表者:代表取締役社長兼CEO 瓜生 憲
■本社:〒112-0014
 東京都文京区関口一丁目20番10号
 住友不動産江戸川橋駅前ビル2階
■TEL(代表):03-5225-9927
■URL: (リンク »)
■設立:2006年7月7日
■資本金:230,025,000円(2007年4月27日現在)


5.当発表に関するお問合せ先

株式会社コムスクエア
〒135-0043 東京都江東区塩浜二丁目2番13号

製品紹介URL: (リンク »)
担当窓口:セールスグループ
TEL:03-4461-2544 FAX:03-4461-2540
※お問い合わせ窓口はこちら  (リンク »)
※企業情報の詳細はこちら  (リンク »)
※PATROLCLARICEは、コムスクエアの登録商標です。
※記載されている各社名、商標名等は各社の登録商標又は商標です。

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社コムスクエアの関連情報

株式会社コムスクエア

株式会社コムスクエアの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!