中小・ベンチャー企業向け新・商取引支援サイト「ネクスゲート」開始のお知らせ

株式会社ネクスゲート 2007年07月11日

From PR TIMES

~業界初動画プレゼンテーションツールによる「ビジネス2.0」の実現~ 経済産業省が立ち上げた起業家育成・支援事業ドリームゲートプロジェクトを管理するVECから委託を受けて同プロジェクトを運営する株式会社プロジェクトニッポン(本社:東京都新宿区 代表取締役:松谷卓也)と、プロモーションとマーケティングを手掛けるネクシィーズグループの投資事業会社である株式会社Nexyz.VP(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:近藤太香巳)は、中小・ベンチャー企業の活性化につながる新規企業間取引(受注・発注)を円滑に進めるためのプラットホームとしてビジネスマッチングサイト「ネクスゲート( (リンク »)  以下、当サイト)」ならびにBtoBに特化したマーケティング事業を展開する新会社『株式会社ネクスゲート(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:籾倉宏哉 以下、ネクスゲート)』を共同出資により設立いたしました。
 ネクスゲートでは、7月2日より当サイトをオープンし、全てのサービスを開始いたします。
 当サイトは、仕事の発注先やビジネスパートナーを探している企業(以下、発注者)と、新規顧客を効率よく獲得したいと考えている企業(以下、出展者)をインターネット上において、見積依頼と見積提出、比較検討を通して、取引したい企業との商談を確立させるビジネスマッチングサービスを展開いたします。
 2007年度版中小企業白書によると中小企業全体では景気動向指数(DI)が上昇傾向にありますが企業規模に比例し、まだまだ厳しい環境下にあること(※1)は間違いありません。企業間取引関係の変化に関する実態調査では、従来限られた大口の取引先としか付き合っていなかった中小企業において、新規の取引先(仕入先・販売先ともに)を増やし、リスク分散を行う取引関係のメッシュ化(※2)を行った企業ほど売上高も堅調に推移しはじめています。しかし、その取引先増加にともない情報のやりとりの煩雑化も一方で課題といえます。
 そこで、より多くの円滑な取引を実践していただけるよう、出展者が見積提出を行う際、価格だけでなく、提案資料や動画によるプレゼンテーションを同時に提出できるWEB営業プレゼンテーションツールを開発し、発注者が商品力・提案力・サービスや企業姿勢などを判断材料に加えることを可能にしました。当社はこのしくみを「Nexgate ビジネス2.0」と名付け、企業間の自由闊達な情報交換機能を実現してまいります。
 ネクスゲートでは、出展者よりシステム利用料を年間契約で課金(発注者は無料)し、サイトオープン前のテストマーケティング段階おいて、約100社からの出展者申し込み(7月2日現在)があり、2007年度の目標を出展者数1000社、売上高2億円とし、サイト上からの募集・DM/FAXによる案内・テレマーケティングにて営業を展開いたします。なお、将来的には当サイトにおけるバナーやメール等の広告料収入を見込んでおります。 
 今後は、プロジェクトニッポンの起業家育成・支援事業で培ったノウハウや人的ネットワークと、ネクシィーズグループが所有するマーケティング力の相乗効果を生むジョイントベンチャー企業として、BtoBに特化した企画・マーケティングサービスを展開し、日本の中小・ベンチャー市場の成長・発展に貢献してまいります。
以上
【本件に関する問い合わせ先】
・株式会社ネクスゲート     広報担当:島崎 03-6415-1414
・株式会社プロジェクトニッポン 広報担当:松谷 03-3356-9121
・株式会社ネクシィーズ    グループ広報担当 03-6415-1178

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ネクスゲートの関連情報

株式会社ネクスゲート

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR