iモード・EZweb公式デコメ(デコレ)サイト運営のブロードバンク デコメ素材販売・アバター製作販売を、本日7月12日より開始!

株式会社BroadBank 2007年07月12日

株式会社BroadBank(本社:東京都新宿区 代表:松本憲二)は、これまでiモード・EZweb公式デコメ(デコレ)サイト『デコメonパレード』、『デコレonパレード』を運営して参りましたが、本日 7月12日(木)より、同公式サイトで素材作成しているプロのクリエーターの手による高品質なデコメ素材販売及び、CGM(Consumer Generated Media)の急増で必須となったアバター製作販売を開始した。

 株式会社BroadBank(本社:東京都新宿区 代表:松本憲二)は、これまでiモード・EZweb公式デコメ(デコレ)サイト『デコメonパレード』、『デコレonパレード』を運営して参りましたが、本日 7月12日(木)より、同公式サイトで素材作成しているプロのクリエーターの手による高品質なデコメ素材販売及び、CGM(Consumer Generated Media)の急増で必須となったアバター製作販売を開始した。
 
 本日7月12日(木)より販売を開始するのは、iモード・EZweb公式デコメ(デコレ)サイト『デコメonパレード』、『デコレonパレード』で素材作成をしている、プロのクリエーターの手によるクオリティの高いデコメ(デコレ)素材集と、アバター製作販売です。

 今回のデコメ素材販売開始には、昨今激増しているモバイルサイト間のユーザー獲得競争の激化、差別化に向けたコンテンツ開発・補充、クオリティの高い素材の確保が急務である、という市場背景の他、独自の調査により判明した、BtoCのメールマガジン配信、WEBメディア等事業を展開されている企業様からも、リーチ率・コンバージョン率向上に向けてのデコメ(デコレ)に対する高いニーズを受けてのものです。 また、アバターの製作販売開始も、いま非常に注目されているCGMにおいて、中核を担うSNS(Social Networking Service)で必須と考えられている程のニーズに着目し、商品化しました。

 今回のパッケージには、アイコン、絵文字、テンプレート、待受け画像等、全てのデコメ(デコレ)素材が網羅されており、すでに数万点の素材の用意がある。またアバターに関しても、公式サイト運営で培った独自のノウハウを落とし込み、アバター作成にあたる。

 株式会社BroadBankでは、今回のクオリティの高いデコメ素材販売及びアバター製作販売の開始により、課題を抱える企業様の状況の打開、問題解決を目指しており、納品形態等、全ての形態に対応した、あらゆる企業様に提供する為、パッケージ提供以外も対応の準備がある。

===■関連URL===
『デコメonパレード』『デコレonパレード』: (リンク »)

■株式会社BroadBank
設立:2006年8月 本社:東京都新宿区 代表取締役社長:松本 憲二
URL: (リンク »)
事業内容:Web Solution事業 Digital Contents事業 Mobile Media事業
【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社BroadBank  広報担当:三枝 竜也(サエグサ タツヤ)
Mail: press@broadbank.co.jp Tel: 03-5338-5060(代) Fax: 03-5338-5070 
〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-3-32 CARMEL 1 ビル 2F

※「デコメール」「iモード」は株式会社エヌ・ティ・ティドコモの登録商標または商標です。
※「デコレーションメール」「EZweb」はKDDI株式会社の登録商標または商標です。
※その他、記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

『デコメonパレード』『デコレonパレード』

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社BroadBankの関連情報

株式会社BroadBank

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?