乗ってみたくなる KTR トレイン・デザイン コンペ 』募集の開始

北近畿タンゴ鉄道株式会社 2007年07月17日

丹後広域観光キャンペーン協議会(京都府京丹後市峰山町、京都府丹後広域振興局 商工観光室内)と北近畿タンゴ鉄道株式会社(本社:京都市 代表取締役社長 辻本泰弘、以下「KTR」)は、KTR宮津線、KTR車の側面・前面ボディのデザインコンペを実施します。

丹後広域観光キャンペーン協議会(京都府京丹後市峰山町、京都府丹後広域振興局 商工観光室内)と北近畿タンゴ鉄道株式会社(本社:京都市 代表取締役社長 辻本泰弘、以下「KTR」)は、KTR宮津線、KTR車の側面・前面ボディのデザインコンペを実施します。
 KTR北近畿タンゴ鉄道は、ノスタルジックな港町舞鶴から、日本三景天橋立、出湯とちりめんの街、鬼伝説の大江山、そしてコウノトリ舞う但馬の里へ、京都府北部のランドマークとして景観を担ってきました。豊かな自然と歴史、生活文化など、感動と変化に富んだ丹後の風土と暮らしを紡いで、TR北近畿タンゴ鉄道は今日も走っています。紺碧の海岸線、緑深い山里を快走するタンゴブルーのKTR車。その車体にあなたの夢と感性をえがき、丹後の魅力ある風景づくりと、誰もが乗ってみたくなる列車づくりにご参加下さい。素晴らしい北近畿・丹後地域の景観と、海、山、人、暮らしと地場産業が響きあうトレイン・デザインを募集いたします。

■応募要領
1 デザイン対象車両  
 KTR宮津線のKTR700/800型車の側面・前面ボディ
2 応募資格  
 不問、個人でもグループでも可
3 応募内容
 所定の車両デザイン記入用紙(A3サイズ)に色鉛筆、サインペン、水彩絵の具等で着色デザインの上、応募用紙(氏名等を記載)と併せて提出して下さい。

※デザイン上の留意点
(1)車両は、基本的に1両で運行し、起終点で折り返し運転をするため、側面の左右どちらの方向にも、車両は動くことになります。
(2)車体前面を省き、両側面又は片側の側面のみのデザインでも可。窓の部分など、車両デザイン記入用紙のグレー部分はデザイン禁止です。
(3)個人名、団体名、商品名等を入れたデザインは避けて下さい。
(4)未発表作品に限ります。また、他者の知的財産権を侵害しないものに限ります。
 (これらの問題が発生した場合は、全ての責任は応募者が負うものとします。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

北近畿タンゴ鉄道株式会社の関連情報

北近畿タンゴ鉄道株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR