Intel P35チップセット搭載!FSB1333、DDR2対応! 必要最低限のスペックを搭載したローエンドモデルGA-P35-S3L 発売

株式会社リンクスインターナショナル 2007年07月19日

GIGABYTE正規代理店 株式会社リンクスインターナショナル
(本社:東京都千代田区、代表取締役:川島 義之)は、Intel P35
チップセット搭載、必要最低限のスペックを搭載したローエンドモデル
GA-P35-S3Lを2007年7月21日より、全国のPCパーツ専門店に
て発売開始いたします。

GA-P35-S3Lは、新チップセットIntel P35を搭載したATX規格の
DDR2対応のマザーボードです。Core2 Duo、Core2 Extreme Quad
Core、Core2 Quadなど最新のデュアル/クアッドコアCPUに対応し、
45nmプロセスルールで製造される次世代デュアル/クアッドコアCPU
にも対応いたします。最新OSのWindows Vistaに完全対応してい
ます。

GIGABYTE独自のソフトウェアテクノロジにより、快適なオーバー
クロック、BIOSやドライバの設定をより簡単に行うことができます。
BIOS設定時のクラッシュを防ぎ、リカバリの設定を容易にしています。
有害物質の使用を制限した、RoHS指令にも適合している環境に優し
い製品になります。

主な対応インターフェースは、高速なグラフィックスインターフェイス
PCI Express×16スロット、高速なDDR2-1066MHzメモリをサポート
するデュアルチャンネル対応のメモリスロット、1000Mb/秒のギガビット
LAN、3Gb/秒のSATAⅡになります。高速なデータ転送を実現いたしま
す。オーディオは、192kHz/32ビットの高品質フォーマットや7.1チャン
ネルに加えて、2チャンネルのステレオ音声をサポートします。最高品質
のオーディオ再生性能を備え、High Definition Audioに対応しています。

対応CPUは、ソケットLGA775、Core2 Extreme Quad Core
(QX/Xシリーズ)、Core2 Quad、Core2 Duo、Pentium Extreme
Edition、PentiumD、Pentium4、CeleronDです。対応メモリは、
メモリスロット×4、DDR2、クロック1066/800/667/533MHz、
最大8GBまで対応しています。拡張スロットは、PCI Express×16
スロット×1、PCI Express×1スロット×3、PCIスロット×3です。

ストレージ接続は、SATA×4、IDE×1、FDD×1、USB 2.0×12
(リアパネルI/Oポート4×、内部I/Oコネクタ×8)[※1]です。リアパネ
ルI/Oポートは、USB 2.0×4、SPDIF(光角型)×1、SPDIF(同軸)×1、
オーディオ6ジャック×1、COMA×1、ギガビットLAN×1、PS/2マウス
×1、PS/2キーボード×1です。

同梱ケーブルは、SATA II ケーブル×2、IDEケーブル×1、
FDDケーブル×1が付属[※2]します。フォームファクタはATX、
サイズは305mm×210mmになります。

[※1] 最大数利用するには別途USBケーブルをご用意ください。
[※2] 2007年7月21日現在の付属品となります。付属品は予告なく
変更される可能性があります。



■GA-P35-S3L 製品特徴
・新チップセット Intel P35 搭載
・Windows Vista 完全対応
・DDR2-1066MHz デュアルチャンネル対応
・3Gb/秒 SATAⅡインターフェイス対応
・1000Mb/秒 ギガビットLANポート対応
・PCI-Expressインターフェイス搭載
・7.1チャンネル+2チャンネルオーディオ対応
・ファンレスタイプ(0dB)のヒートシンクを採用
・快適なオーバークロック機能 - Speed(スピード)
・簡単なシステム設定 - Smart(スマート)
・安全なシステム設計 - Safe(セーフ)
・RoHS指令に適合!環境に優しい製品です



■より詳しい情報はこちらからご確認ください。
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

GA-P35-S3L

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社リンクスインターナショナルの関連情報

株式会社リンクスインターナショナル

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR