クロスメディアプロデュースの株式会社nextonが、話題のCGMサイト「けんてーごっこ(R)」のモバイル版・書籍版を独占的に展開!

株式会社ネクストンが、話題の検定コミュニティサイト「けんてーごっこ(R)」の携帯サイト開発とクロスメディア展開、及び広告商品「けんてーごっこR-ON(あーるおん)」の発売を正式に開始いたしました。

株式会社ネクストン 2007年07月19日

クロスメディアプロデュースの株式会社ネクストン(本社:東京都 千代田区、代表取締役:小川学、以下、ネクストン)は、資本・ 業務提携関係にあり、eラーニング2.0事業を展開している学びing 株式会社(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役:斉藤常治、以下、 学びing)が運営する検定コミュニティサイト「けんてーごっこ(R)」 のクロスメディア展開及び広告商品「けんてーごっこR-ON(あーる おん)」の発売を正式に開始しました。 既に受験者数が約85万人に達しているPC版けんてーごっこ(R) ( http://www.kentei.cc/ )に加え、モバイル版(8月1日予定)、 インターネット放送局での番組(8月5日予定)、書籍版(9月7日予定)の 権利を確保し、独占的に展開いたします。PC・モバイルの大手ポータル サイト、雑誌、フリーペーパー、テレビ番組、ラジオ番組など、様々な メディアとの連動も予定しております。

ネクストンでは「けんてーごっこR-ON」と題して、クロスメディアプロ
モーションツールとしても商品展開し、リアル店舗と連動した販促企画
・無料サンプルと連動した新商品PR企画・採用戦略と連動したリクルー
ティング企画など、これまでにはなかった、インターネットの特徴を
活かしたプロモーションツールとして展開してまいります。

更に、「けんてーごっこ(R)」の様々な可能性を広げるため、「けんてー
ごっこビジネスモデル研究会(仮称)」を設立し、様々な企業との業務
提携・コラボレーションを積極的に展開いたします。

ネクストンは今後も、時代の流れ・マーケットの動きを敏感に察知
しながら、クロスメディアを念頭に置いた次世代インターフェイスを
続々と手がけてまいります。



※「けんてーごっこ(R)」は学びing株式会社の商標または登録商標であり、
特許出願中です。
 この資料内で記載・表示されている会社名・商品名はそれぞれ各社の
商標または登録商標です。
※「けんてーごっこR-ON(あーるおん)」とは
  学びing株式会社とのビジネスアライアンス(資本業務提携)に基づき、
株式会社ネクストンが開発・販売する、「けんてーごっこ(R)」の特徴を
活かしたクロスメディアプロモーションツール。

サービス詳細ページ
(リンク »)

<会社概要>
■株式会社ネクストン ■東京都千代田区神田神保町2-2
■代表取締役:小川学 ■設立:平成18年2月22日
■資本金:5000万円 ■URL: (リンク »)
■TELFAX:03-5226-6225/03-5225-6226
■主な事業:携帯電話待受けアプリ情報配信サービス
      携帯サイト運営
      グラフィックデザインの企画制作、
マーチャンダイジングの企画制作等他

■学びing株式会社   ■さいたま市浦和元町2-9-16-403
■代表取締役:斉藤常治   ■設立:平成18年10月2日
■資本金:3970万円 ■URL: (リンク »)
■TEL/FAX:048-813-8207/048-813-8113
■主な事業:eラーニングテクノロジーを使ったネットプロモーション&
ネット広告事業
      eラーニング2.0&CGMマーケットプレイス事業
      ラーニングコミュニティサイトの企画開発運営他


<本件に関するお問合せ先>
株式会社ネクストン  鈴木・田中
TEL:03-5226-6225 Mail: info@nexton.jp
学びing株式会社 斉藤・志村
TEL:048-813-8207   Mail:manabi@manabing.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ネクストンの関連情報

株式会社ネクストン

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから