UTスターコム 2007年度株主総会開催日と株主提案書の提出期限を発表

ユーティースターコムジャパン株式会社 2007年07月23日

カリフォルニア州アラメダ、2007年7月17日/ COMTEXニュース・ネットワーク経由PRニュースワイヤ‐ファーストコール/ -- 本日、IPベースのエンド・ツー・エンド・ネットワ・ソリューション/サービスのグローバル・リーダーであるUTスターコム・インク(ナスダック・コード:UTSI)は、2007年9月27日(木)の午後1時(太平洋時間帯)2007年株主総会をUTスターコム本社(1275 Harbor Bay Parkway, Alameda, California 94502)で行うことを発表いたしました。2007年8月13日の業務終了時点で登録されている株主は、2007年株主総会に参加し投票する権利があります。

14a-8規則 株主提案期限

2007年株主総会日は、2006年度定時株主総会開催日と比べ30日以上も遅れています。結果として、1934年の修正証券取引法に基づく14a-8規則に従い、UTスターコムは2007年定時株主総会の委任状を含めるために14a-8規則に従って提出された、株主提案の受領期限を新しく設けました。 UTスターコムへの株主提案の新たに設けられた提出期限は、2007年7月30日の業務終了時です。 その提案書は、下記住所までご提出ください。
1275 Harbor Bay Parkway, Alameda, CA 94502,
Attention: General Counsel and Corporate Secretary
UTスターコムは、その提案書類については、配達証明付き郵便で、配達証明返送付きタイプでお送り頂くことをお願い致します。また、提案書は、委任状における株主提案を含むことに関して、証券取引委員会のルールに準拠している必要があります。 準拠していない場合は、省かれることをご承知おきください。

付随定款事前通達期限

UTスターコムの付随定款に明記されている事前通達における要求事項に従って、株主提案が14a-8規則適用外で提出される株主提案のため、また、取締役推薦が期限内に提出されたと判断するために、その提案書や推薦書は、2007年7月30日の業務終了までに、当社のGeneral Counsel もしくは Corporate Secretaryが受取られなければなりません。その提案書は、UTスターコムの付随定款の第2条、2.5項に準拠していなければなりません。


本プレスリリースは、UTスターコムの付随定款の第2条、2.5項の目的に対する2007年度株主総会実施日の公式発表です。UTスターコムの付随定款の写しは、上記アドレスのIR担当宛に手紙を頂くか、弊社ウェブサイト下記アドレスより入手可能です。
(リンク »)

UTStarcom, Inc.について
UTスターコムはエンド・ツー・エンドのIPネットワーク・ソリューション事業とインターナショナル・サービス&サポート事業におけるグローバル・リーダーです。世界中の新興および既存の通信市場で、ブロードバンド、ワイヤレス、ハンドセット・ソリューションを提供しています。UTスターコムは、費用効率の高いエンド・ツー・エンドのIPネットワークへの移行をお手伝いするのと同時に、お客様が既存のインフラストラクチャを使用して利益を創出するアクセス・サービスを素早く展開することを目指しております。1991年に設立し、米カリフォルニア州アラメダに本社、そして研究・開発拠点を米国、中国、韓国、インドに置いています。UTスターコムはFORTUNE 1000企業です。
UTスターコムジャパンはUTStarcom. Inc.100%出資の日本法人です。

ユーティースターコムジャパン株式会社 URL:www.utstar.co.jp
UTStarcom Inc. URL: www.utstar.com

上記資料は、米国時間2007年7月17日に米国で発表したものを翻訳し編集したものです。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ユーティースターコムジャパン株式会社の関連情報

ユーティースターコムジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから