イータレントバンク エルゴ・ブレインズと音楽配信事業にて業務提携

株式会社イータレントバンク 2007年07月24日

株式会社エルゴ・ブレインズ(本社:東京都港区、代表取締役 最高経営責任者CEO:宮田 徹、証券コード:4309、以下エルゴ・ブレインズ)は、iTunesのディストリビューターでデジタル配信専門のレコード会社として事業展開している、株式会社イータレントバンク(本社:東京都新宿区、代表取締役:殿木達郎、以下イータレントバンク)と業務提携し、エルゴ・ブレインズが運営する“ロック”をテーマとしたUGC仮想都市サイト【WeROCK City(ウィロックシティー) (リンク ») 】内に、仮想レコード会社「WeROCK RECORDS(ウィロックレコーズ)」を立ち上げ、iTunes Storeを通じた楽曲配信を行う新事業を開始いたします。 

「WeROCK RECORDS」の設立は、イータレントバンクの持つiTunesへのディストリビューション機能と、エルゴ・ブレインズが保有するコミュニティ・プロモーション・メディアの既存資産を最大限に活かした新たなビジネス展開であり、先行投資を必要とせずに、高付加価値を持つ可能性を有したサービスとして、革新的な事業として位置付けております。この新たな形態による流通とプロモーションの仕組みを、両社で確立いたします。
 まず、第一弾として「国内プロ・アーティスト向けサービス」を導入し、その後、第二弾として「国内・海外アマチュア・アーティスト向けサービス」、第三弾として「海外プロ・アーティスト向けサービス」を順次開始する予定です。
アーティストの契約に関わる部分をiTunesのディストリビューションとして実績のあるイータレントバンクが担当し、エルゴ・ブレインズは、アーティストのプロモーション及びアーティストの発掘を担当いたします。単にiTunes Storeで楽曲配信が可能となるだけではなく、【WeROCK City】内でのプロモーションがセットとなった同サービスは、アーティストの音楽活動の可能性を更に広げるものとなります。

【WeROCK City(ウィロックシティー)】とは?
【WeROCK City】は、世界中のロック愛好家が集うコミュニティを目指して創立された、ロック音楽をテーマとしたUGC仮想都市サイトです。当サイトでは、単に音楽を聴くだけではなく、「音を楽しむ」大人達に向けた、既存のマスメディアでは展開しづらい企画や機能をインターネットの特性を活かして展開して行くコミュニティ・メディア・サイトです。


<会社概要>
■株式会社イータレントバンク  
代表者:代表取締役 殿木 達郎
本社所在地:東京都新宿区新宿5-6-1 新宿やわらぎビル7F
設 立:2000年7月21日
資本金:3,920万円
事業内容:エンターテインメント業界を中心としたコンテンツ・マーケティング事業
デジタル音楽配信に特化したレーベル(レコード会社)事業
(リンク »)

■株式会社エルゴ・ブレインズ
代表者:代表取締役 最高経営責任者(CEO)  宮田 徹
本社所在地:東京都港区赤坂8-4-14 青山タワープレイス3F
設 立:1997年10月6日
資本金:9億4,814万円
事業内容:インターネットによる広告事業・リサーチ事業・Eコマース事業
売上高:20億23百万円(2006年12月期実績)
(リンク »)




<本件に関するお問い合わせ先>
■株式会社イータレントバンク 広報担当:濱安紹子
TEL:03-5362-0790 Email: pressetb@e-talentbank.co.jp
■株式会社エルゴ・ブレインズ 経営戦略本部 広報担当:松島弘子
TEL: 0120-577-526 Email: press@ergobrains.co.jp

用語解説

注)UGC=User Generated Content(ユーザー・ジェネレイティッド・コンテンツ)ユーザーがコンテンツを形成していく。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社イータレントバンクの関連情報

株式会社イータレントバンク

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?