ソフィア・クレイドル、世界マーケット向けに BREW C++ フレームワーク "SophiaFramework" 製品出荷開始

~ GUI フレームワークと WSDL / SOAP / XML ミドルウェア を含む、世界唯一の BREW 向け C++ ライブラリを海外対応 ~

株式会社ソフィア・クレイドル 2007年07月26日

携帯電話向けソフト開発の株式会社ソフィア・クレイドル(本社:京都市、代表取締役社長:杉山和徳、以下 ソフィア・クレイドル)は、 2007 年 7 月 26 日から世界マーケット向けに BREW 【※1】 C++ フレームワーク SophiaFramework【※2】 の製品出荷を開始します。 SophiaFramework は、GUI フレームワークと WSDL / SOAP / XML ミドルウェア を含む、世界唯一の BREW 向け C++ ライブラリであり、携帯電話向けソフトを従来より数分の 1 程度でシンプルにプログラミングできるという点が最大の特長です。

ソフィア・クレイドルは、2007 年 7 月 26 日、GUI フレームワークと WSDL / SOAP / XML ミドルウェア を含む、世界唯一の BREW 向け C++ ライブラリである SophiaFramework を世界マーケットに出荷開始しました。

SophiaFramework の最大の特長は、携帯電話向けソフトを従来の数分の 1 程度のサイズでシンプルにプログラミングできる点にあります。携帯電話向けソフトは国内だけでなく海外マーケットでも高度化が顕著であり、この種のフレームワークやミドルウェアへの需要が急拡大しています。今回の SophiaFramework 海外対応版の出荷は、海外マーケットにおける携帯電話向けソフト開発の生産性向上のニーズに応えるものです。

SophiaFramework 海外対応版では、製品本体やマニュアルの英語への翻訳にとどまらず、下記の URL にあるとおり、RSS リーダー、メーラー、スケジューラー、関数電卓、天文時計などのオープンソースアプリも同時に海外対応しています。

本製品の価格は 1 ライセンス 30 万円(税抜)から。

なお、本製品は BREW SDK 3.1.5 / 2.1.3 / 2.0.1 (英語版) に対応しています。

以上


■関連 URL

SophiaFramework 製品概要 URL :
(リンク »)

SophiaFramework 製品概要 ( 英文 ) URL :
(リンク »)

SophiaFramework リファレンス マニュアル ( 英文 ) URL :
(リンク »)

SophiaFramework チュートリアル ( 英文 ) URL :
(リンク »)

SophiaFramework オープンソース 関数電卓アプリ ( 英文 ) URL :
(リンク »)

SophiaFramework オープンソース 天文時計アプリ ( 英文 ) URL :
(リンク »)

SophiaFramework オープンソース タブブラウザ ( 英文 ) URL :
(リンク »)

本プレスリリース URL :
(リンク »)

本プレスリリース ( 英文 ) URL :
(リンク »)


■会社の説明

株式会社 ソフィア・クレイドル

代表者: 代表取締役社長 杉山和徳
設立日: 2002 年 2 月 22 日
所在地: 京都市左京区田中関田町 2 番地 7
資本金: 2645 万円
事業内容:
モバイルインターネットに関する、
1.ソフトウェア基礎技術の研究開発
2.ソフトウェア製品の製造及び販売
3.システム企画及びインテグレーション
ホームページ: (リンク »)


■本件に関するお問合せ先

株式会社ソフィア・クレイドル
マーケティングセンター 高橋 結莉
Tel. 075-754-5155 Fax. 075-754-5156

用語解説

【※1】BREW

2001 年 1 月に米国クアルコム社が発表した携帯電話向けソフトウェアの規格。異なる携帯電話機の OS の仕様差を吸収し、単一のコンパイル後のプログラムをインターネットからダウンロードし、さまざまな携帯電話機でそのまま高速に動作できるように設計されている。
日本では KDDI が 2003 年 2 月より BREW サービスを提供開始。 NTT ドコモの一部の機種でも BREW が採用されている。 2007 年 7 月時点で、世界で 32 ヶ 国 48 の端末メーカーと、69 の通信キャリアが採用しており、昨年からはヨーロッパを中心に世界的な規模でその普及が急速に進んでいる。

【※2】SophiaFramework
読み方:ソフィア・フレームワーク
ソフィア・クレイドルが 2002 年 8 月に発表した、 BREW アプリを C++ プログラミングで開発することを世界で初めて実現した唯一の BREW 向け C++ フレームワーク開発環境。 GUI、WSDL / SOAP / XML、通信、グラフィック描画、文字列処理など、ビジネス、コンテンツ、ゲームなどジャンルを問わず、あらゆる BREW アプリを開発するのに必要十分な "クラス" と呼ばれるプログラムモジュール群がラインナップされている。すでに KDDI 公式 EZ アプリ (BREW) や ビジネス系 BREW アプリで多数の導入実績がある。

詳細情報 URL : (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ソフィア・クレイドルの関連情報

株式会社ソフィア・クレイドル

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR