※本リリースは、サイボウズ株式会社とサイボウズ・メディアアンド テクノロジー株式会社の2社による共同リリースです。 『サイボウズグループのサイボウズ・メディアアンドテクノロジー、 シンクライアント端末「Nexterm RT-500」をベネフィット・ワンへ 納入 』

~シンクライアントによってコールセンターのセキュリティ を強化~

サイボウズ株式会社 2007年07月26日

■概要
サイボウズ株式会社 (本社:東京都文京区 代表取締役社長:青野
慶久 (戸籍名: 西端 慶久) 以下サイボウズ) の連結子会社で、サ
ーバー・ベース・コンピューティング(SBC)により企業に安全で
効率的な情報管理を提供するサイボウズ・メディアアンドテクノロ
ジー株式会社(代表取締役社長:土屋継、本社:東京都文京区、以
下サイボウズ・メディアアンドテクノロジー)は、福利厚生アウト
ソーシングサービスを提供する株式会社ベネフィット・ワン (代表
取締役社長:白石徳生、本社:東京都渋谷区、以下ベネフィット・ワ
ン)のコールセンターにシンクライアント「Nexterm」を納入いたし
ました。今回、ベネフィット・ワンへ納入したのは、Nextermの省
スペース型デスクトップシンクライアント端末「RT-500」です。「
RT-500」は業界ナンバー1の低消費電力で稼動し、純国産製品とし
て高品質を誇っています。このたびの導入実績を踏まえ、サイボウ
ズ・メディアアンドテクノロジーではコールセンター向けのソリュ
ーションをより一層強化・充実させてまいります。

■詳細
このたびサイボウズ・メディアアンドテクノロジーは、ベネフィッ
ト・ワンの要望である、(1)セキュリティの強化(2)省電力(3)運用
・管理コスト削減 という条件を満たすべく、「RT-500」を提案し
、納入に至りました。ベネフィット・ワンの「RT-500」導入経緯に
ついては、以下の通りです。

□導入経緯
ベネフィット・ワンは、同社が展開する、福利厚生アウトソーシン
グサービス「ベネフィット・ステーション」会員の問い合わせ窓口
として、自社で専用のコールセンターを運営しています。コールセ
ンターでは個人情報を大量に扱うことから、セキュリティ対策のた
めに記憶装置を持たないシンクライアントの仕組みは最適と考え、
以前よりシンクライアント製品を導入していました。今回サイボウ
ズ・メディアアンドテクノロジーが納入したのは、ベネフィット・
ワンが本年より新たに開設した愛媛県松山市のコールセンターにな
ります。そこでのオペレーション端末として、Nextermのシンクラ
イアント端末「RT-500」を約200台納入し、稼動いたしました。ベ
ネフィット・ワンの「RT-500」導入理由は以下の通りです。

□導入理由

1.低消費電力
松山では今後も端末を数百台増設する計画があり、消費電力の削減
が求められていただけでなく、社会貢献の一環としてCO2排出削減
につながる施策を計画していました。その点、「RT-500」は低消費
電力稼動で(※1)、また、電力増量による電気工事が不要のため採
用されました。

 ※「RT-500」の消費出力はわずか6W。通常のパソコンに比べる
  と、約10分の1、また他社シンクライアント製品と比べても、
  約5分の1という省電力製品。

2.故障によるトラブルの回避
また、コールセンターの所在地が本社と離れた愛媛県松山市である
ことを考慮し、万が一システムに問題が起こった場合の対応が問題
でした。その点、Nextermのシンクライアント端末は純国産で品質
が高く、不具合実績がなく、トラブル対応にかかる管理運用コスト
削減のため採用されました。コールセンターのように個人情報を取
り扱う事業においてセキュリティ対策は重要な課題ですが、「
RT-500」はより高度なセキュリティ環境を提供いたします。また、
それだけではなく、「RT-500」は圧倒的な省電力、また故障による
トラブルリスクの低減も可能としました。

■特徴
Nextermのシンクライアントソリューションには以下のような特徴
があります。

□7年間に渡る豊富な導入実績

□ハードウェア自体はもとより、組み込みOS・アプリケーションが
強み
⇒多様な提案パターンがあり、お客様の環境に合わせたカスタマ
イズが可能

  ※Ex.業務端末、コールセンター専用端末、特殊機械内蔵端末
   など

□上記の経験を元に多様な組込カスタマイズのライブラリーを有し
ている
⇒短期間で安価な開発が可能

□純国産製品で、故障率が非常に低い

□海外製ではなく、純国産のシンクライアントで高品質

□圧倒的な低消費電力を実現

サイボウズ・メディアアンドテクノロジーでは、このたびの導入実
績をふまえ、コールセンターのみならず、今後より一層のサービス
拡充・体制強化を図り顧客企業の価値向上に貢献してまいります。


■サイボウズ株式会社
 設 立 :1997年8月
 資 本 金:553,000,000円
 代 表 者:代表取締役社長 青野 慶久(本名:西端 慶久)
 U R L : (リンク »)
 連 絡 先:〒112-0004 東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル12F
      TEL:03-5805-9037 / FAX:03-5805-9036
      contactus@cybozu.co.jp

■サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
 設 立 :1995年10月
 資 本 金:257,916,250円
 代 表 者:代表取締役 土屋 継
 U R L : (リンク »)
 連 絡 先:〒107-0052 東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
      TEL:03-3560-1368 / FAX:03-3560-1330
      info@cybozu-mt.jp

-----------------------------------------------------------
≪この件に関するお問い合わせ≫

■サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 担当:安田
〒107-0052 東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
MAIL:info@cybozu-mt.jp
TEL :03-3560-1369 / FAX :03-3560-1330

■サイボウズ株式会社 担当:村松
 〒112-0004 東京都文京区後楽 1-4-14 後楽森ビル12F
 MAIL:pr@cybozu.co.jp
TEL :03-5805-9037 / FAX :03-5805-9036
-----------------------------------------------------------
※本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標また
は商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイボウズ株式会社の関連情報

サイボウズ株式会社

サイボウズ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?