迷惑メール対策アプライアンス「PineApp Mail-SeCure」がPOP3プロキシ機能を搭載

バージョンアップにより、ホスティング環境にも対応

株式会社アズジェント 2007年08月22日

株式会社アズジェントの販売するPineApp社の迷惑メール対策のためのセキュリティ・アプライアンス「PineApp Mail-SeCure」がバージョンアップし、機能追加が行われましたので、ご案内いたします。

現在、メールのセキュリティ対策として、スパムメールやフィッシングメール等の迷惑メール対策が重要視されています。日々増加する迷惑メールは、組織がウイルス等の脅威にさらされるだけでなく、スパムメールの削除に手間がかかる、誤って仕事のメールを削除してしまうといった業務効率低下をもたらす可能性も秘めています。

このような背景のもと、アズジェントは2006年6月よりPineApp社の迷惑メールアプライアンス「PineApp Mail-SeCure」の販売を開始しました。「PineApp Mail-SeCure」は、10種類以上のアンチスパムフィルタリングと3種類のアンチウイルスエンジンを搭載し、複合的にメールのチェックを行うメール・セキュリティ・アプライアンスです。発売以降、スパムが拡散する初期からリアルタイム検知を可能とするCommtouch RPDテクノロジーの採用、ロードバランス機能の搭載などの多彩な特徴から高い評価を得ています。

今回のバージョンアップにより、新たにPOP3プロキシ機能が搭載されました。これにより、メールサーバを社外にホスティングしている中小企業においても、メールのフィルタリングが可能となりました。設定も、クライアントのメールアカウント設定変更だけで、メールサーバの設定変更が不要なため、簡単に導入ができます。

さらに、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ社のOPSECをサポートすることにより、同社のゲートウェイ・セキュリティ商品VPN-1と連携してスパムメールをブロックすることができるようになりました。

新機能

1.POP3プロキシ機能の搭載
・メールサーバをホスティングしている企業においても導入が可能
・ホスティングされているメールサーバの設定変更が不要

2.OPSEC連携
・Commtouch IPレピュテーション機能により、スパマーと判断したIPアドレスからのSMTP通信をゲートウェイ(Check Point VPN-1)でブロック

このプレスリリースの付帯情報

PineApp Mail-SeCure

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?