ドクターキッチン株式会社、医師と有名店のシェフが開発した“おいしく楽しいダイエット食”発売 和洋中など一流店の本格メニューを食べながらカロリーをコントロール

10月30日にウェブ通販開始、食事や運動量、体重の推移を記録する日記サイトも開設

株式会社アールイー 2007年10月02日

従来にないダイエットのあり方を提案するため専門医と元総合商社マンらで起業したドクターキッチン株式会社(東京本社・東京都世田谷区、本社・札幌市中央区、代表取締役社長・立見信之)は、専門医、管理栄養士と有名レストランの一流シェフが協力し合って“おいしくて楽しいダイエット食”を開発しました。「プレミアムデリダイエット」と名付け10月30日に専用サイト(http://drkitchen.jp/)で発売します。イタリアン、中華料理、韓国料理、和食、デザート、スープなど50種類で構成するダイエット食セットで、本格メニューをしっかり食べながらカロリーコントロールできます。さらに毎日の食事や運動量、体重の推移などを記録して目標達成をサポートするダイエット日記サイトも開設。おいしく食べながら、料理と連動したウェブでカロリー管理もできる総合的なサービスになっています。

ドクターキッチン株式会社のプレミアムデリダイエットは、食べたい物を我慢してダイエットしても辛いだけで続かない、という考えに基づいて開発しました。従来の豆乳クッキーや粉末ドリンクによる味気ないダイエット食品とは一線を画し、一流シェフによる料理を味わいながらダイエットが実感できる画期的な商品です。有名レストランの味を自宅で楽しんで効果を感じられるようシェフがレシピを作り、専門医と管理栄養士がチェック。味とカロリーの両立というこれまでなかなか実現できなかった難しい課題に挑戦し、成功しました。

 プレミアムデリダイエットは、10日分が1セットです。世界各国のスープや雑炊などの朝食、各シェフ特製のディナーセット(ご飯含む)、デザートなどが10日分約50種類入っています。おいしく効果的にカロリーコントロールするためディナーの推奨メニューを提供していますが、カロリーの合計数さえ注意すれば、例えば中華と和食を1品ずつなど、どんな組み合わせで食べることもできます。10日分の朝食、ディナー、デザートにオリジナルエコバッグが付いて3万2550円(税込み)。送料無料で届けます。

 ダイエット日記サイトは、プレミアムデリダイエットの食事と、それ以外に食べた食品のカロリーや運動量を毎日簡単に記録できるシステムです。目標を立ててどのくらいの食事量が適切か計算し、毎日、体重や食事、運動の内容を入力。それらのデータから自動的に作成されるグラフを参照して生活を振り返ることで体重増減の理由が明確になり、成功に近付きます。また、参加者のダイエット状況が分かるコミュニティーを用意。皆でメッセージを交換したり励まし合いながらダイエットを続けていくことができます。

用語解説

<ドクターキッチン株式会社>
糖尿病などメタボリック症候群の専門医資格を持つ山口康一医師を中心に立見信之(元三井物産、元ボストンコンサルティンググループ、ロンドンスクールオブエコノミクス卒)、久保田正(元三菱商事、元ボストンコンサルティンググループ、ハーバードMBA)の3人で起業。
設立:2007年4月 / 資本金:1550万円
代表者:立見信之
東京本社:東京都世田谷区用賀4-14-19-604
本社:札幌市中央区南13西1-3-20-804
-----------------
■開発に参加したシェフとレストラン■
【中華料理】
横浜大飯店 石浦恵三総料理長
【イタリアン】
La Testa Dura 吉田利徳オーナーシェフ
【和食】
ZABOU 小森 豊オーナーシェフ
【韓国料理】
Ko-rench 李 成オーナーシェフ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アールイーの関連情報

株式会社アールイー

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!