欧州のベンダが優勢な北米の接近センサ市場

株式会社データリソース 2007年10月03日

米国調査会社ベンチャーデベロップメント社 (VDC)は、調査レポート「北米の位置センサ市場調査 第8版 - North American Position Sensor Market, 8th edition」において、照度センサの3840万ドルを除いた、蓄電、誘電、磁気、磁気応用、光電、ウルトラソニック製品などの接近センサの北米市場は、2006年に7億1880万ドルであったという調査結果を報告している。

照度センサの3840万ドルを除いた、蓄電、誘電、磁気、磁気応用、光電、ウルトラソニック製品などの接近センサの北米市場は、2006年に7億1880万ドルであったと、米国調査会社VDC社の調査レポート「北米の位置センサ市場調査 第8版―North American Position Sensor Market, 8th edition」は報告する。

これらの製品の市場は、過去15年間、平均成長率一桁台の穏やかな成長であった。しかしその同じ時期、特に過去3年間は、欧州のベンダであるHans Turck GmbH & Co. KG,とIFM Electronics GmbHの2社が、米国の子会社であるTurck, Inc.とIFM Efector, Inc.を通じて、それぞれ年間成長率を2倍に伸ばし、現在市場のトップ2社となっている。

このほかに、2006年に5.5%以上のシェアをもつサプライヤは、Banner Engineering、Eldec、Omron Electronics、Pepperl+Fuchs、Rockwell Automationである。

接近センサ市場で最大の製品区分は、大差をつけて誘電センサと光電センサである。誘電製品はTurckとIFMの両社の主力接近センサであり、市場のほとんどをこの両社が占めている。

Turck社は、ドイツのミュルハイムに本社を置くHans Turck GmbH & Co. KGの北米支社で、1971年創業である。北米、ドイツ、スイス、中国、2004年に建設したメキシコのサルティーヨなどで接近センサを生産している。

IFM Efectorは、ペンシルバニア州のエクストンにあり、ドイツのエッセンに本社を置く1969年創業のIFM Electronic GmbHの子会社である。IFM Efectorの接近センサと光電センサのほとんど全てをドイツの親会社が生産している。

VDC社は、北米市場の成長率は今後5年間で4.3%と予測している。


[調査レポート]
北米の位置センサ市場調査 第8版:第1巻 接近センサと光電センサ
NORTH AMERICAN POSITION SENSOR MARKET, 8TH EDITION
VOLUME 01: PROXIMITY & PHOTOELECTRIC SENSORS
(リンク »)

ベンチャーデベロップメント社 (Venture Development Corporation )について
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR