検索対象25サイトに拡大 Ask.jp 「動画検索チャネル」 http://video.ask.jp/ さらに多くの動画を一括・横断して検索・閲覧可能に

株式会社アスク ドット ジェーピー 2007年10月04日

From PR TIMES

株式会社 アスクドットジェーピー (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大江 知行、以下Ask.jp)は同社が運営する検索サービスAsk.jp「動画検索チャネル」の検索対象を拡大し、従来のAskビデオ、Youtube、ニコニコ動画(R)など主要な動画共有サイトに加え、新たにGoogle Video、Exciteドガログなどを追加いたしました。
動画コンテンツがますます増加している今日において、ユーザーの皆様には、より多くの中から目的の動画コンテンツをより簡単に、複数の動画共有サイトを一括・横断して検索・閲覧できるようになりました。



■「動画検索チャネル」とは?
今話題の動画共有サイトを一括・横断検索ができる「動画検索チャネル」サービスで、Askビデオ、Youtube、ニコニコ動画(R)などの主要な動画共有サイトから、視聴したいコンテンツを横断的に検索することが出来ます。また、キーワードの入力無しで検索が可能なタグ検索機能や動画単位検索機能が追加され、ユーザーは様々な方法で簡単に目的の動画を探し出すことが可能です。そして、API公開がない動画サイトに関しても検索が可能になったことで、さらに多くの動画を一括・横断して検索・閲覧することが可能になりました。


■対象動画共有サイト例
・Askビデオ [ (リンク ») ] ・ClipCast [ (リンク ») ]
・ClipLife [ (リンク ») ] ・DailyMotion [ (リンク ») ]
・Exciteドガログ [ (リンク ») ] ・FlipClip [ (リンク ») ]
・Google Video [ (リンク ») ] ・Gyao [ (リンク ») ]
・LYCOS Clip [ (リンク ») ] ・MySpaceTV [ (リンク ») ]
・日テレNEWS24 [ (リンク ») ] ・ニコニコ動画 [ (リンク ») ]
・@nifty動画共有 [ (リンク ») ] ・フォト蔵 [ (リンク ») ]
・TBS News i [ (リンク ») ] ・Yahoo!ビデオキャスト [ (リンク ») ]
・YouTube [ (リンク ») ] ・AmebaVision [ (リンク ») ]
他、 全25サイト

       
■株式会社 アスク ドット ジェーピーについて
株式会社アスク ドット ジェーピーは、IAC Search & Mediaが運営する検索エンジン「Ask.com」の日本語版として、2004年4月よりコンシューマー向けに検索サービスの提供を開始。2005年9月には日本独自の開発による「最速ブログ検索」をリリース。最短で数秒前に更新されたブログの記事を検索結果に反映するので、今世の中で何が話題になっているかをいち早くチェックすることができます。
さらに、2006年6月には動画共有サイト「Askビデオ」( (リンク ») )をリリース。携帯電話やデジカメで撮影した動画を無料で投稿・共有することができるCGMサービスです。企業様にはPR媒体としてもご利用いただいております。
また、「Askモバイル」では、ケータイでの検索サービスをはじめ最新ニュース、デコメ素材などの便利な情報・サービスを無料で提供しております。


【会社概要】

■ 会社名 : 株式会社 アスク ドット ジェーピー
■ URL  :   (リンク »)
■ 所在地 : 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-11-11 IVYイーストビル 7階
■ 設立 : 2000年9月
■ 資本金 : 3億5,200万円

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アスク ドット ジェーピーの関連情報

株式会社アスク ドット ジェーピー

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?