「携帯SIMロックフリーの影響分析」レポート出版へ

日本に本社をおき、日韓中を中心にアジアのモバイル市場調査を積極的に行う、ロアグループ社の出版レポートです

株式会社データリソース 2007年10月09日

出版の「携帯SIMロックフリーの影響分析 - 販売奨励金の将来方向性」レポートでは、総務省で提議されている、販売奨励金やSIMロックフリーなどの携帯電話市場における諸問題のほか、政策の方向性に影響を与えうるビジネスモデル、ケーススタディ分析が提供されています。

[目次]

エグゼクティブサマリー

1 携帯政策の現状分析

1-1 総務省政策方針とロードマップ

1-2 販売奨励金問題の概括

1-3 SIMロックフリー問題の概括

1-4 垂直統合型ビジネスモデルのレイヤー分析

1-4-1 携帯端末メーカー
1-4-2 コンテンツプロバイダ
1-4-3 携帯キャリア
1-4-4 端末販売代理店
1-4-5 総括

2 政策方向性ケースのスタディ分析

2-1 シナリオ抽出

2-2 ケース別ビジネスモデル分析

2-2-1 ケース1 (支払選択型垂直統合型モデル)
2-2-2 ケース2 (音声サービス水平分業型モデル)
2-2-3 ケース3 (完全水平分業型モデル)

3 ケーススタディにおけるユーザー方向性予測

3-1 概括

3-2 ケース別ユーザー動態分析

3-3 ケース別の端末市場規模予測

4 ケース別ビジネス影響予測

4-1 ケース別レイヤー収益の方向性予測

4-1-1 ケース1
4-1-2 ケース2
4-1-3 ケース3
4-1-4 総括

4-2 レイヤーのビジネス戦略予測

4-2-1 携帯端末メーカー
4-2-2 コンテンツプロバイダ
4-2-3 携帯キャリア
4-2-4 販売代理店

4-3 ケース1携帯電話加入者数の成長予測

5 インプリケーション

5-1 海外戦略
5-2 犯罪とセキュリティ


図表目次

図目次

[図 1-1]移動体通信政策の青写真
[図 1-2]販売奨励金制度とそのキャリア別市場規模(2001年-2005年)
[図 2-1]政策ロードマップおよび実現可能性
[図 2-2]ケース1ビジネスモデル
[図 2-3]ケース2ビジネスモデル
[図 2-4]ケース3ビジネスモデル
[図 3-1]購買サイクルモデル
[図 4-1]ケース1レイヤー収益方向性予測
[図 4-2]ケース2レイヤー収益方向性予測
[図 4-3]ケース3レイヤー収益方向性予測
[図 4-4]ケース1におけるキャリア3社の携帯電話加入者数成長予測

表目次

[表 1-1]携帯業界の現状把握
[表 1-2]販売奨励金の概要
[表 1-3]販売奨励金の長短所
[表 1-4]SIMカード搭載情報
[表 1-5]キャリア3社のSIMロック対応状況
[表 1-6]SIMロックフリーの長短所
[表 1-7]端末メーカーのレイヤー特性
[表 1-8]コンテンツプロバイダのレイヤー特性
[表 1-9]携帯キャリアのレイヤー特性
[表 1-10]端末販売代理店のレイヤー特性
[表 2-1]モバイルビジネス環境の将来シナリオ
[表 3-1]ユーザーの買い替え方向性
[表 3-2]2006年末の携帯端末市場
[表 3-3]ケース別端末市場規模
[表 4-1]シナリオ実現性の確度


[調査レポート]
携帯SIMロックフリーの影響分析
販売奨励金の将来方向性
(リンク »)

[ロアグループ社について]
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

モバイルビジネス環境の将来シナリオ

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!