中欧と東欧のエレクトロニクス生産は2007年に420億ドル

中欧と東欧の電器産業は力強く成長しているとリードエレクトロニクスリサーチ社は予測

株式会社データリソース 2007年10月23日

英国の調査会社リードエレクトロニクスリサーチ社は「 世界のエレクトロニクスデータ年鑑 2007年 Vol.4:東欧 - Yearbook of World Electronics Data Series VOLUME 4 - EAST EUROPE 2007/2008」出版プレスリリースにおいて、中欧と東欧のエレクトロニクス生産は2005年に二桁成長し、2006年には中欧8.1%、東欧8.5%、2007年もかなり成長し、2007年の生産高は420億ドルが見込まれるとする予測結果を発表した。

中欧と東欧のエレクトロニクス産業は全盛を極めている。海外投資が旺盛で、2005年の生産高は10%成長し、その成長は継続していると英国調査会社リードエレクトロニクスリサーチ社は報告している。

リードエレクトロニクスリサーチ社は30年以上も世界のエレクトロニクス産業の最新の動向を調査してきた。この調査レポートは、この業界のマネージャやアナリスト、投資家、中欧や東欧への移転を考える企業にも必要不可欠である。

中欧と東欧のエレクトロニクス生産は2005年に二桁成長し、2006年には中欧8.1%、東欧8.5%、2007年もかなり成長した。2007年には生産高は420億ドルと予測される。

2005年の西欧諸国の成長率が1.4%とそこそこであったのに比べ、欧州のエレクトロニクス産業が東側に拡大し、コスト削減によって市場を広げているのは小さな驚きである。中欧や東欧の国々は、いまや欧州全体のエレクトロニクス生産の13%を占めている。

その他の調査結果は以下のとおり。
■ 中欧と東欧の上位3カ国がエレクトロニクス生産高の73%を占めており、中欧と東欧の市場の50%を占めている。ハンガリーが最大の38%で、2位チェコ共和国の21%と3位ポーランドの14%の合計よりも多い。ロシアは7%である。
■ 当然、外国の投資家は中央と東欧の利益に飛びついた。OEM(Original Equipment Manufacturers)や契約メーカーはオペレーションコストの削減に迅速に取り組んだ。今後投資家は、ブルガリアやルーマニア、スロバキアなどのより安いコストの新しい生産地を捜し求めていくだろう。
コンピュータ、通信、消費市場はすべて、対内投資でも利益をあげた。2006年の中欧と東欧でのエレクトロニクス総生産高の78%を占めた。
■ テレビの生産は、中欧と東欧で急速に伸び、その成功は継続している。2006年に約2050万セットを生産した


[調査レポート]
世界のエレクトロニクスデータ年鑑 2007年 Vol.4:東欧
Yearbook of World Electronics Data Series
VOLUME 4 - EAST EUROPE 2007/2008
(リンク »)

リードエレクトロニクスリサーチ社 (Reed Electronics Research)について
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!