ソフトウェア無線とダイナミックスペクトルアクセス

株式会社データリソース 2007年10月23日

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが10月に刊行されました。

米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「ソフトウェア無線とダイナミックスペクトルアクセス」は、ダイナミックスペクトルの市場を概観している。基地局のアップグレードや設備投資などの市場潜在性を2014年まで予測している。また、DSAネットワーク技術の概観と、規制機関にとってこの技術が魅力的である理由を調査し、オペレータにとっての利点を詳細に記載している。固定スペクトル割り当てからDSAへの移行についても論考し、DSAに対するベンダのアプローチと、新しい規格の発展と規制制度を記載している。


◆調査レポート
ソフトウェア無線とダイナミックスペクトルアクセス:ソフトウェア無線、コグニティブ無線、リアルタイムスペクトル取引、規制改革、ホワイトスペーススペクトル、デジタル割当、ライセンス免除のスペクトル
(リンク »)

◆米国ABIリサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!