FTTxの市場経済性、ベンチャーが収益をあげる要因

株式会社データリソース 2007年10月29日

フランスの調査会社イダテ社は、世界のブロードバンド市場に関する調査レポート「FTTxの市場経済性:収益力、ビジネスモデル、戦略」を刊行しました。

2007年9月18日
フランスの調査会社イダテ社は、国際的なブロードバンド市場を継続的に調査している。経済的な側面を重視した調査レポート「FTTxの市場経済性:収益力、ビジネスモデル、戦略―FTTx Economics - Conditions for profitability」において、ウルトラブロードバンドの登場を分析し、現在と将来の導入に関するデータから、多くのコストや収益をあげられる製品の例を提供し、ウルトラブロードバンドネットワークの登場がもたらす多くの影響を査定している。

FTTxのパイオニアである日本と米国に遅れて、欧州でも多くの光ファイバーネットワーク導入の発表が相次いでおり、オペレータの関心の高まりを示している。

しかし、解決すべき多くの問題がまだ残っており、特に市場と投資回収の見通しに関するものが重要である。

*日本やアメリカから学ぶものは何か?
*ウルトラブロードバンドの経済性において重要な要因は何か
*起こり得る様々な構造のそれぞれに最適なアーキテクチャは何か?

これらの質問に答えるため、イダテ社はオペレータが直面している様々な障害やウルトラブロードバンドインフラが確実に利益をあげられるための要因について詳細に検討した。

*ウルトラブロードバンドの登場に対するオペレータの態度には、ある種の警戒やためらいが見受けられる。2006年末に世界のFTTH加入者は約1000万だったが、これらはアジア、特に日本に集中しており、約800万世帯が加入していて、米国を上回っていた。米国のRBOCは、ファイバーをケーブル会社に対抗する有益な手段とみなしている。また欧州では、既存キャリアが非常に慎重なため、ウルトラブロードバンドの登場は非常に限定的である。
*モデリングは、ベンチャーのウルトラブロードバンドの今後の収益性を見極めるために有効である。技術、デモグラフィック、導入、市場環境などの指標は測定可能であり、投資レベルや操作性能を検討するうえで有益である
*結局、最も重要な問題は、発信インフラを選択し、人材を集中し、削減すべきはした上で、構築したものを管理統制するために必要な投資額である



◆調査レポート
FTTxの市場経済性:収益力、ビジネスモデル、戦略
(リンク »)

◆フランス イダテ社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR