スマートフォンがより専門的な業務で活用可能に。ソア・システムズが、各キャリアのスマートフォンに対応した業務アプリケーション開発実行フレームワーク『ル・クローンSmartPhone』を発表。

株式会社ソア・システムズ 2007年10月30日

株式会社ソア・システムズは、PDA・ハンディターミナル・携帯電話市場において、10万ライセンス以上の実績を誇る「ル・クローン」を、スマートフォン向けに対応した、業務アプリケーション開発実行フレームワーク『ル・クローンSmartPhone』を発表しました。

報道関係者 各位
プレスリリース

              
2007年 10月30日
                       (会社名)株式会社ソア・システムズ
                       (代表者名)代表取締役社長 貝塚 昭男
                                     
===========================================================
株式会社ソア・システムズは、PDA・ハンディターミナル・携帯電話市場において、
10万ライセンス以上の実績を誇る「ル・クローン」を、スマートフォン向けに対応した、
業務アプリケーション開発実行フレームワーク『ル・クローンSmartPhone』を発表しました。
===========================================================

PC・携帯電話・モバイル用、業務アプリケーション開発実行フレームワーク「ル・クローン」の開発・販売を行っている株式会社ソア・システムズ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長 貝塚 昭男)はWindows Mobile搭載スマートフォン向け、業務アプリケーション開発フレームワーク『ル・クローンSmartPhone』を発表しました。
(リンク »)

現在、Windows Mobile搭載のスマートフォンに対し、業務向け(特にフィールドワーカー向け)端末としての利用を検討する企業が増え始めています。その一方で、省資源のスマートフォンで本格的な業務アプリを開発するには、特定のスキルが必要となり、業務アプリケーション開発の難易度を上げています。

ソア・システムズでは、PDA・ハンディターミナル・携帯電話市場において、これまで多くの実績を誇る「ル・クローン」のラインナップに、スマートフォンを対応させた『ル・クローンSmartPhone』を追加することで、あらゆるモバイル端末での業務利用が実現可能なラインナップを提供します。

■『ル・クローンSmartPhone』の主な特徴
・「マルチプラットフォーム」
 OSやハードウェアを問わず、あらゆる環境で稼動します。リプレイス時、アプリケーションを資産として継承することが出来るため、長期的なコスト削減に役立ちます。

・「高速データベースを標準搭載」
 省ディスク、省メモリの高速データベースを標準搭載しているため、他のDBライセンスを用意する必要がなく、開発・実行環境をル・クローンで統一することができます。ローカルにデータベースを保有していることで、外出先での様々なオンライン業務はもちろん、電波の届かない環境でも、業務を効率的に行なうことが可能になります。

・「開発生産性の向上」
 業務ロジックに特化した機能により、コーディング量の削減とアプリ品質の向上を実現します。

・「サーバ連携」
 端末からサーバ側DBに対して、リアルタイムに検索・更新が可能です。

・「周辺機器との連携」
 アプリケーションから、カメラやバーコード、プリンターなどの周辺機器と、シームレスな連携が可能です。

・「スマートフォン特有の仕様をサポート」
 1つのアプリケーションで、ペンタッチ操作のPDAタイプとテンキー操作の携帯電話タイプのどちらの端末でも動作するアプリケーションが開発できます。

■対応機種(Windows Mobile搭載端末) ※50音順
・ウィルコム:W-ZERO3(WS003SH、WS004SH、WS007SH、WS011SH)
・NTTドコモ:hTc Z、F1100(対応予定)、HT1100(対応予定)
・ソフトバンクモバイル:X01HT、X02HT(対応予定)、X01T(対応予定)

今後、ソア・システムズでは、各キャリアからリリースされる、Windows Mobile搭載スマートフォンの全ての主要端末に対応し、スマートフォン市場の活性化を図る予定で、発売3年間で10万ライセンスの製品出荷を見込んでいます。

■販売開始時期および販売価格
・販売開始時期:2007年10月30日(火)
・販売参考価格:
 ル・クローンSmartPhone開発環境:¥360,000(税別)(5ユーザ)
 ル・クローンSmartPhoen実行環境:¥7,000(税別)(1ユーザ)
 ※サーバ連携はオプションになります。

■各エンドースメント ※50音順
・株式会社ウィルコム ソリューション営業本部
 副本部長 青木 伸大 様

 株式会社ウィルコムは、「ル・クローンSmartPhone」を歓迎します。弊社の「W-ZERO3シリーズ」を販売する上で、業務アプリケーションは、セキュリティに次ぐ必須要件だと考えております。「ル・クローンSmartPhone」と「W-ZERO3」を併せ、ユーザ様がご満足いただけるソリューションを提案して行きたいと考えております。

・株式会社NTTドコモ
 法人ビジネス戦略部長 三木 茂 様

 NTTドコモ法人営業部門は、「ル・クローンSmartPhone」のWindows Mobile対応を歓迎いたします。市場の拡大に伴い、法人ユーザ様もスマートフォンを活用した様々な業務改革を目指しており、「ル・クローンSmartPhone」はそのような業務改革を大きく推進する製品であると考えております。NTTドコモは、ソア・システムズをはじめ各社の協力をもって、今後もWindows Mobile搭載端末「hTc Z」「1100シリーズ」を展開してまいります。

・ソフトバンクモバイル株式会社
 法人事業本部 法人事業統括部
 副統括部長 白石 美成 様

 ソフトバンクモバイル株式会社は、「ル・クローンSmartPhone」を歓迎いたします。スマートフォン市場をより成長・拡大させるにはアプリケーションが必要不可欠です。その中で「ル・クローンSmartPhone」は市場を加速させる製品であると考えております。「ル・クローンSmartPhone」と「SoftBank X01HT」をはじめとする当社Windows(R)ケータイで、お客様にご満足いただける最適なソリューションを、SSP(ソフトバンクソリューションプロバイダ)企業と共に提案して参ります。

※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


【会社概要】
 ■会社名 株式会社ソア・システムズ(Soar Systems,Inc.)
 ■代表者 代表取締役社長 貝塚 昭男
 ■資本金 3億1,090万円
 ■設 立 1984年(昭和59年)
 ■所在地 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町3-4 三井住友海上渋谷ビル5F
 ■TEL   03-3780-5511
 ■FAX   03-3780-5520
 ■URL    (リンク »)
 ■Email  call@soar.co.jp
 ■事業内容 1. 業務アプリケーション開発実行フレームワーク「ル・クローン」の開発・販売
           ・基幹業務向け「ル・クローンPro」
           ・PDA/ハンディターミナル向け「ル・クローンMobile」
           ・携帯電話向け「ル・クローン K-tai」
         2. 組込みデータベース「LCDB」の開発・販売
         3. SDカード向けデータベース「LCDB for iアプリ」の開発・販売
         4. POSアプリケーション開発・販売
         5. アプリケーションの受託開発
         6. 教育・コンサルティング

【本件に関するお問い合わせ】
 ■会社名 株式会社ソア・システムズ
 ■担当者 セールス&マーケティング マーケティングプロモーション 伊藤
 ■TEL   03-3780-5516
 ■FAX   03-3780-5519
 ■Email  press@soar.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

ル・クローンSmartPhone

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ソア・システムズの関連情報

株式会社ソア・システムズ

株式会社ソア・システムズの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?