エルピーダ純正チップを採用、100%バーインテスト済み APOGEE(アポジー)デスクトップ用メモリ DDR2 800MHz APG800-1G/APG800-512Mと DDR2 667MHz APG667-1G/APG667-512M発売

株式会社リンクスインターナショナル 2007年11月13日

Walton Chaintech正規代理店 株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区、代表取締役:川島義之)は、エルピーダ純正チップを採用、100%バーインテスト済みAPOGEE(アポジー)デスクトップ用メモリAPG800-1G、APG800-512M(PC2-6400)とAPG667-1G、APG667-512M(PC2-5300)を2007年11月17日より、全国のPCパーツ専門店にて発売開始いたします。


APOGEE DDR2 800MHz、APG800-1G、APG800-512M(PC2-6400)、APOGEE DDR2 667MHz、APG667-1G、APG667-512M(PC2-5300)規格のデスクトップ用240Pin DIMMメモリです。厳密な100%バーインテストにより超低不良率(不良率:0.04%/IC)を実現しています。日本限定の特別仕様として、ヒートスプレッタを採用しています。放熱性が向上し、パフォーマンスを高めています。


基板には、JEDEC(the Joint Electron Device Engineering Council)規格に準拠した6層のPCBを採用しています。


搭載している16個の64M×8bit DDR2 FBGAチップ(APG800-1G/APG667-1G)、8個の64M×8bit DDR2 FBGAチップ(APG800-512M/APG667-512M)には、厳選した高品質なエルピーダ純正チップを採用しています。ウェハーインからモジュールアウトまでWalton Chaintech社で一貫生産した最高品質のAPOGEEメモリです。


APG800-1G。容量は、1GB。メモリ規格は、DDR2 800MHz(PC2-6400)、bit構成は64M×8bit 16個すべてエルピーダ純正チップ採用。
APG800-512M。容量は、512MB。メモリ規格は、DDR2 800MHz(PC2-6400)、bit構成は64M×8bit 8個すべてエルピーダ純正チップ採用。転送クロックは、800MHz (Speed 2.5ns)。


APG667-1G。容量は、1GB。メモリ規格は、DDR2 667MHz(PC2-5300)、bit構成は64M×8bit 16個すべてエルピーダ純正チップ採用。
APG667-512M。容量は、512MB。メモリ規格は、DDR2 667MHz(PC2-5300)、bit構成は64M×8bit 8個すべてエルピーダ純正チップ採用。転送クロックは、667MHz (Speed 3ns)


CASレイテンシは、CL= 5-5-5-15。電圧定格は、1.8±0.1 V。基板はJEDEC準拠6層PCB。ヒートスプレッタを搭載。サイズは、133.35×29.99mm。3年間の保証が提供されます。RoHS適合した環境にやさしい製品です。


▼より詳しい情報はこちらをご確認ください。
【DDR2 800MHz(PC2-6400)】
・APG800-1G
(リンク »)

・APG800-512M
(リンク »)


【DDR2 667MHz(PC2-5300)】
・APG667-1G
(リンク »)

・APG667-512M
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

APOGEE デスクトップ用メモリ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社リンクスインターナショナルの関連情報

株式会社リンクスインターナショナル

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!