2012年の西欧のポータブルナビゲーションの収益は80億ポンド

株式会社データリソース 2007年11月15日

英国の調査会社ジュニパーリサーチ社は調査レポート「ポータブルナビゲーションと無線トラッキング市場調査:西欧市場と2012年までの予測 - Portable Navigation & Wireless Tracking Western European Markets & Forecasts」のプレスリリースにおいて、PND(機器)やマルチユーザデバイス向けのソフトウェアソリューションなどのポータブルナビゲーションソリューションによる収益は、2012年に西ヨーロッパで83億を超えるという予測結果を発表している。

PND(ポータブルナビゲーションデバイス)やマルチユーザデバイス向けのソフトウェアソリューションなどのポータブルナビゲーションソリューションによる収益は、2012年に西ヨーロッパで83億を超えるだろうと、英国の調査会社ジュニパーリサーチ社は予測している。

PNDは、過去2年の家電における素晴らしいサクセスストーリーの1つである。TomTomなどのサプライアが供給する製品群があげる収益は、2006会計年度で89%と大きく成長している。

現在、PNDの収益は、その他のナビゲーションソリューションからシェアを奪った結果、西欧のポータブルナビゲーション市場の90%以上を占めている。

■ 必要性:必要不可欠な製品はほとんどない中で、ヨーロッパの道路事情において渋滞回避を目的とした製品が頭角をあらわした
■ 購入しやすい価格:近年、販売の急増に呼応してGPSデバイスの価格は急下落した。欧州の市場リーダーであるTomTomは、PNDの平均小売価格は、2004年の464ポンドから、2006年には270ポンドに下落したと報告している
■ 製品の性能:過去3年間、高まる需要に応えて製品性能は改良されてきた。従来上位機種の機能であったものが標準的な性能となり、衛星ナビゲーションへ移行し、多くの標準的なドライバーにとって「もってもいい」ものから「絶対必要」なものになっている。ジュニパーリサーチ社は、西欧のPNDを利用する車輌の割合は2012年に22%にまで伸びると予測している
■ 同業他社との競争:ドミノ式の波及効果と、誰かが本当に役に立つ何かを持っているという認識、それは強力な購買誘因となる
■ 家電製品との統合:メーカーが、あらゆる分野における幅広いアプリケーションを活用できる性能の高いデバイスを提供し、ユビキタスな個人向けエンターテインメントや通信装置に向かう進歩は継続する

しかし、将来のPND市場成長の脅威の兆しも見えつつあり、ジュニパーリサーチ社は今後2、3年の間に潮目は変わると見ている。

調査レポートの著者Bruce Gibson氏は、「ヨーロッパでのPND販売は現在好況だが、いつまでも持続するわけではない。最も早くから成功した欧州市場はすでに成熟のサインが出はじめており、車載型ナビゲーションソリューションや、携帯電話などの多目的デバイスのソフトウェアソリューションなどとの激しい競争によって、価格も下落し続けている。

[調査レポート]
ポータブルナビゲーションと無線トラッキング市場調査:西欧市場と2012年までの予測
Portable Navigation & Wireless Tracking
Western European Markets & Forecasts 2007-2012
(リンク »)

ジュニパーリサーチ社 (Juniper Research)について
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR