モバイルリサーチ(http://www.mobile-research.jp/) ネットエイジアリサーチ ケータイクーポンの利用に関する調査結果 ~10代、20代のケータイユーザーの回答結果~

モバイルプロモーションの効果をリサーチで測定

ネットエイジア株式会社 2007年11月16日

モバイルリサーチ(http://www.mobile-research.jp/)を展開するネットエイジア株式会社(http://www.netasia.co.jp/)(本社/東京都港区、代表取締役:三清 慎一郎、以下ネットエイジア)では、「ケータイクーポン」に関する自主調査をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)により実施しました。 ケータイクーポンは、効果的な集客、顧客囲い込みのプロモーションとして導入している企業や店舗が増えています。  ネットエイジアでは、この点に着目し、15歳~29歳のケータイユーザーに対し、「ケータイクーポン」についての調査を実施、300名の回答を集計しました。 今後もネットエイジアでは、世の中の関心が高いテーマの調査、今後のトレンドを占える調査など、マーケティングシーンで役立つさまざまな情報をモバイルリサーチにより、タイムリーに提供してまいります。

<<ネットエイジアリサーチ( (リンク ») )調査結果>>

◆ ケータイクーポン、5割以上が「利用経験あり」女子大生では7割超える
 ケータイクーポンの認知と利用経験を聞いたところ、「利用したことがある」との回答が54%と利用率は半数を超えている。また、「知っているが利用したことはない」が30.7%で、認知率は84.7%となっている。属性別に見た場合、大学生・専門学校生での利用率が67.5%と高くなっている。高校生では55.7%だった。男女別に見ると、女性での利用率が男性に比べ高い。女子大生では72.7%が「利用経験あり」で、ケータイクーポンをよく活用していることがわかる。

◆ クーポンを利用するのは「ファーストフード店」がダントツ、高校生では90%以上
 ケータイクーポン利用経験者(母数:162名)に利用したことのある業種を聞くと(複数回答形式)、「ファーストフード」が最も多く79.6%、 次いで「CD・ビデオレンタル店」39.5%、「ファミレス」27.2%、「その他飲食店」22.8%、「映画館」16.7%の順となっており、上位は飲食店が多い。また、高校生ではケータイクーポン利用経験者の92.3%が「ファーストフード」で利用したことがあり、他の属性に比べ目だって多いことが特徴的となっている。 

◆ 現在よく利用するのは「マッククーポン」
 現在、ケータイクーポンを取得、利用するために、会員登録をしているお店の業種を聞いたところ、「ファーストフード」が69.1%でトップ、次いで「CD・ビデオレンタル店」が37.7%だった。また、「現在よく利用している」「お得だと思うケータイクーポン」を自由回答で聞いた。クーポンの利用経験者162名のうち、約60%に当たる回答者が「マクドナルド」を挙げている。その他では「TSUTAYA」を挙げた回答者も多かった。

◆ ケータイクーポンについての情報は「メルマガから」が60%強
 ケータイクーポンについての情報を知ることが多い方法は(複数回答)、「ケータイメルマガ」との回答が60.5%と多く、モバイルマーケティングのツールとして「ケータイメルマガ」が効果的だという裏づけとなっている。次いで「お店のケータイホームページ」が34%、3位が「クーポン情報サイト」で31.5%。以下、「店頭のポスター・チラシ」27.2%、「口コミ」20.4%、「フリーペーパー」18.5%の順となっている。

◆ ケータイクーポン、80%以上が「便利だと思う」
 回答者全体の81.7%が「ケータイクーポンは便利だと思う」と回答した。特に大学生では、「便利だと思う」との回答が94.8%と割合が高かった。また、今後のケータイクーポン取得方法で良いと思う方法を複数回答で聞いたところ、利用経験者と未経験者で違いが出ている。経験者では、「新しい情報が出るたびにメールで受け取る」36.4%、「1週間に1通程度メールで受け取る」35.8%で、「メール希望」が上位なのに対し、未経験者では、「クーポン情報サイトで欲しいときに取得する」が43.5%でトップ、次いで「お店のケータイホームページで欲しいときに取得する 」が27.5%となっており、未経験者では、「プロモーションとしてのケータイメール」に対する抵抗感があるようだ。
□調査概要(クローズド調査)
○調査対象・・・15歳~29歳のケータイユーザー
○調査地域・・・全国
○調査期間・・・2007年11月12日~13日(2日間)
○回答サンプル数・・・年代; 15歳~19歳100名、20歳~24歳100名、25歳~29歳100名
 性別;男性50%、女性50%
 NTTドコモ53.0%、au33.0%、ソフトバンク14.0%
□ 調査結果データ
本調査結果のローデータ(CSV形式)を1万円(税別)にて販売いたします。
ご希望の方は、下記担当までお申し込み、またはお問い合わせください。

ネットエイジアモバイルリサーチ( (リンク ») )会員機種カテゴリー(一部紹介)
★ワンセグケータイ保有・・・合計13,739
キャリア別内訳:「NTTドコモ」・・・3,713 「au」・・・6,766  「ソフトバンク」・・・3,260
※機種、機能指定(性別、年代、地域別等)によるモバイルリサーチ実施が可能です。
 詳しくはお問い合わせください。

<本件についてのお問い合わせ>
マーケティング事業本部 担当:境野(サカイノ)
(リンク »)
Tel: 03-3589-3255   Fax: 03-3589-3256 mobile-press@netasia.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ネットエイジア株式会社の関連情報

ネットエイジア株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR