ゼネラルヘルスケア、ビジネスサーチテクノロジ ヘルスケア・ライフサイエンス関連企業に対する Web ソリューション提供で合意

ビジネスサーチテクノロジ株式会社 2007年11月26日

ヘルスケア・ライフサイエンス関連業界を中心に各種Web ソリューションを提供しているゼネラルヘルスケア株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役会長:竹澤慎一郎、以下「ゼネラルヘルスケア」)と、純国産の全文検索エンジンを開発・販売する、ソフトウェア研究開発・コンサルティングのビジネスサーチテクノロジ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:城野洋一、以下「BST」 )は、ヘルスケア・ライフサイエンス関連企業に対して、新たなWeb ソリューションを協力して提供していくことで合意いたしました。

これに伴い、ゼネラルヘルスケアはBST と正規販売代理契約を締結し、ゼネラルヘルスケアが「WiSE」の販売代理業務を行うこととなりました。


近年、医療・健康(ヘルスケア・ライフサイエンス)領域についての一般消費者および専門研究者の関心が年々高まっている一方で、当領域において商品やサービスを提供する企業が行うそれらのステークホルダーに対する情報の提供は、質や量ともに、必ずしも十分であったとはいえない状態にありました。


医療・健康領域で事業を展開する企業向けに各種Web コンサルティングやサービスを提供してきたゼネラルヘルスケアが、BST の多言語対応高速全文検索エンジン「WiSE」を自社のサービスに組み込んで販売していくことによって、市場に対する当領域全体のディスクロージャーレベルを向上させるとともに、馴染みがなく紛らわしい用語などが多い当領域のWeb サイトにおいて、その検索性能と顧客満足度を大幅に向上させることに寄与できるもの、と考えております。


BST としましては、この協業によって、新たな領域にWiSEの販路を拡大させることができるもの、と考えております。


また、医療・健康業界においては、1社あたりが扱う商品が多種多様であり、点数も膨大であるという特徴があるほか、輸入業務を行う会社もあるため、業務に使用する言語が複数になるケースもあります。商品取り扱いおよび通信販売を行う上で何らかのハードルとなりやすい「点数が膨大」「多言語」といったこれらの特徴的要素を、実務上、容易に扱えるものに転じさせるソリューションとしてのWiSEの利用には、大きな効果を見込むことができると考えております。結果として事業規模を拡大させることにも貢献できるでしょう。


独自の観点から先進の検索技術を追求する研究開発型企業であるBST は、これまでも多言語対応高速全文検索エンジン「WiSE」および「WiSE Webクローラ」のご提供を通じて、ウェブサイト、ブログ、ECサイト、そしてエンタープライズ環境において「探す」+「見つける」ためのインフラストラクチャをご提供してまいりました。


ゼネラルヘルスケアとBST では、ヘルスケア・ライフサイエンス関連業界におけるバーティカルサーチなど新たな統合ソリューションの提供も視野に入れながら、今後も協力して事業を展開してまいります。


■ゼネラルヘルスケア株式会社について
会社名:ゼネラルヘルスケア株式会社(GH)
英文名:General Healthcare Inc.
設立:2007年1月29日
事業内容:ヘルスケア・ライフサイエンス領域における各種 Webソリューションの提供。ヘルスケア関連商材のEC販売(*1)。自由診療系医療機関に関する情報サイトの構築、運営(*2)。管理栄養士による栄養コンサルティングおよび医療プログラムの提供(*3)。
所在地:東京都江東区白河1-3-34
(リンク »)

GHは、これまでコンシューマ向けヘルスケア関連マーケットにインターネットの恩恵が十分ではなかったと考え、「ヘルスケアにイノベーションを」をビジョンとして掲げ、新たなネットメディア創設とそれに付随するコンシューマ向けサービスの提供を目指しています。新たに創設するメディアは、医療関係の情報を CGM(Consumer Generated Media)形式の要素を加えて独立自走型メディアとして構築し、その後各医療機関をオンラインでつなぎ、将来的には予約サービスなど各種サービスとしてコンシューマに還元されるものでなければならないとGHは考えています。

GHでは、インターネットによる情報提供やサービス展開を中心に、将来的には総合的な医療プログラムの提供を目指しています。

*1) (リンク »)
*2) (リンク »)
*3) (リンク »)


■多言語対応高速全文検索エンジン「WiSE」について

WiSE(Worldwide Internet & Intranet Search Engine) は、ビジネスサーチテクノロジ株式会社が開発した多言語対応の高速全文検索エンジンの総称です。 WiSEはご提供開始から1年間で約100社にご採用いただいているほか、すでに国立の研究機関や公共サービスを行う民間企業などにおける大規模検索用のエンジンとしても、試験運用がなされています。
WiSEには、以下の用途別種類があります。
価格も含め、詳しくは製品情報ページをご参照ください。

(リンク »)

■Standard

WiSE Standard
大規模Webサイトやイントラネット内検索向け
WiSE EC
EC/ポータルサイト向け
WiSE Webクローラ
WiSE Standard対応Webクローラ
□動作環境

対応OS:64ビットLinux (※詳細はお問い合わせください)
ハードウェア:Intel x86互換64ビットCPUを搭載するPC・サーバ

■Entry

WiSE Entry
小規模システム向け
WiSE SS
Webサイト内検索専用
WiSE MT
ブログ (MovableType) 内検索向け
WiSE ASP
ASPサービス
□動作環境

対応OS:Linux、Windows (※詳細はお問い合わせください)
ハードウェア:Intel x86互換のCPUを搭載するPC・サーバ


■ビジネスサーチテクノロジ株式会社について
会社名:ビジネスサーチテクノロジ株式会社 (BST)
英文名:Business Search Technologies Corporation
資本金:489,025千円 (2007年5月30日現在)
設立:2004年2月9日
事業内容:情報検索ソフトウェア「WiSE」シリーズの研究開発・販売・サービスの提供。コンピュータソフトウェアおよびハードウェアの開発・販売および付帯するコンサルティング等
所在地:東京都千代田区神田須田町1-2-1
Web: (リンク »)


ビジネスサーチテクノロジ株式会社は、大手コンピュータメーカにおいて1996年から継続して開発してきた「技術」の蓄積と「ソリューション」ビジネスの経験をもとに、新世代の検索エンジンソフトウェア「WiSE」を開発しご提供しております。


内部統制やナレッジマネジメントの重要性が再認識される流れの中で、弊社では、企業内情報管理ご担当者様やウェブサイト管理者様、電子商取引ご関係者様など、それぞれのお客様の現場におけるニーズを的確にくみ取り、最適な検索ソリューションをご提供してまいります。


ビジネスサーチテクノロジ株式会社は、特定非営利活動法人 ASPインダストリ・コンソーシアム・ジャパン(ASPIC Japan)、および総務省とASPICジャパンが合同で設立した「ASP・SaaS普及促進協議会」のWGにも参加しております。


BST では、今後も市場から要求される高性能かつ高品位な製品の開発、およびサービスやサポートも含めた信頼性の向上に努めてまいります。

用語解説

■製品に関するお問い合わせ先
ビジネスサーチテクノロジ株式会社
営業本部
03-3526-6141
(リンク »)


■本リリースに関するお問い合わせ先
ゼネラルヘルスケア株式会社
広報グループ
03-5639-9121(代)
(リンク »)

ビジネスサーチテクノロジ株式会社
広報宣伝部(根本、加藤)
03-3526-6141(代)
press@bsearchtech.com


※文中の社名、製品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ビジネスサーチテクノロジ株式会社の関連情報

ビジネスサーチテクノロジ株式会社

ビジネスサーチテクノロジ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?