マルチプリンタベンダ対応、セキュア・プリントシステム「ザ関所」を発表

ICカード認証とイメージログ管理で印刷物の情報漏洩を抑止し、印刷コストの大幅削減を実現

株式会社スカイコム 2007年11月27日

株式会社スカイコム(本社:東京都台東区、代表取締役社長 荒武 捷ニ)はICカード認証印刷、アクセスログ及びイメージログ(PDF)機能を搭載したマルチベンダ対応セキュア・プリントシステム「ザ関所」を発表し、本日11月27日より販売を開始します。

昨今、個人情報漏洩事故により企業は大きな損害を被るばかりか、企業イメージのダウンにより、その存亡すら危うくなる事態が発生しています。従ってその対策は焦眉の急となっていますが、未だに不十分な状況です。
NPO法人日本ネットワークセキュリティ協会の発表によると、情報漏洩の50%弱の原因が紙媒体によるものであり、Web/ネットワーク、PC、可搬記録メディアによる漏洩を大きく上回っています。(※1)
企業及び官公庁は、e-文書法、個人情報保護法、J-SOX法遵守の観点から情報漏洩対策に神経を使っていますが、最もリスクが高い印刷物のセキュリティ対策は未だ講じられていないのが実情です。


「ザ関所」は、現有のプリンタ資産を活かしながら印刷物の情報漏洩抑止を図りたいという顧客ニーズに応える最適なセキュア・プリントシステムです。
具体的には、クライアントPCに、ドライバソフト「Sky Universal Printer」をインストールし、印刷者の本人認証を行うことで、印刷物の取り忘れ等を防ぎ、重要書類の紛失・盗難を抑止します。
また、印刷データをイメージログ(PDF)機能で保存するため、効率的かつ確実な印刷履歴の監査が可能です。 これにより、万一、印刷物の情報漏洩が発生しても、印刷日時、印刷者IDなどで検索して追跡調査できます。
さらに、印刷履歴を取得できるので、安易な印刷・不必要な印刷を抑制し、印刷費の削減も実現します。

これまでは、印刷物の情報漏洩抑止には、プリンタを同一メーカに統一するなど、多額の投資を要するため、印刷物のセキュリティ対策は進んでいませんでした。


「ザ関所」は、SkyPDFシリーズとして弊社の既存販売店の他、ICカード・ソリューションベンダ、MFP(Multi Function Printer)メーカ及びセキュリティ・ソリューションベンダ等を経由して販売します。出荷開始は、2007年12月1日を予定しています。

販売価格は、最小構成(スタートキット)が 3,832,500円(税込)~で、3年で1,000システム、50億円の販売を見込んでいます。


[※1]………………………………………………
「2006年情報セキュリティインシデントに関する調査報告書」によると情報漏洩の経路は、第1位 紙媒体 43.8%、第2位 Web/ネットワーク22.0%、第3位 PC本体 10.7%、第4位 FD等可搬記録媒体 8.2%
……………………………………………………


パートナー企業様であるNECネクサソリューションズ株式会社執行役員常務上ヶ島信之様は、「今回のセキュア・プリントシステム“ザ関所”のリリースを心より歓迎します。当社はPDFを活用したドキュメント管理ソフトを含めた連携ソリューションをスカイコム社と積極的に展開し、数多くの実績を重ねています。紙の出力制御、紙の出力エビデンスを確保するマルチベンダ対応の“ザ関所”を導入することで、より多くのお客様の内部統制対応を強化するとともに、当社の“構築・保守サービス”とのコラボレーションにより、よりセキュアなプリントシステム環境の構築が可能になると確信しています。」と述べられています。

また、京セラミタジャパン株式会社様からは、「当社は、株式会社スカイコムのセキュア・プリントシステム“ザ関所”の発表を歓迎いたします。 オフィス環境における情報セキュリティの強化は、個人情報の保護やコンプライアンス経営の対応など、もはやIT部門の領域を超え、企業の経営課題として重要視されております。 そのような市場ニーズに対し、“ザ関所”は、セキュア・プリントソリューションをより一層強化するための基盤製品として当社は大いに期待を寄せております。 当社のドキュメント機器は、環境性や経済性に優れ、最新のネットワーク環境に対応した“エコシス”コンセプトをベースに開発されています。 当社ではお客様の様々なご要望に対応出来るよう、魅力あるリスクバランスや費用対効果を考慮した、総合的な情報セキュリティに対応したドキュメントソリューションを提供してまいります。」とのメッセージをいただいております。


_________________
◆「ザ関所」の価格と販売・出荷時期
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇販売開始:2007年11月27日 
◇出荷開始:2007年12月1日

◇販売価格:最小構成(スタートキット)の場合
      3,832,500円(税込)/3,650,000円(税別)~

◇スタートキットのソフトウェア構成内容
 [サーバ環境]
  ・Master Server (印刷ログ管理):1ライセンス
  ・Secure Printer Server (プリンタサーバ):1ライセンス
 [ICカードコントロールターミナル環境]
  ・Printing Control Terminal (タッチパネルによる印刷制御):1ライセンス
 [クライアント環境]
  ・Sky Universal Printer

※その他ハードウェア費用、導入諸費用等が別途加算されます。

_________________
◆「ザ関所」特長と導入メリット
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(1) 独自開発のSky Universal Printer Driver
「Sky Universal Printer」は既存プリンタメーカー/機種に対応し、印刷を可能とします。


(2) ICカード認証により個人印刷情報を保護
ICカードリーダにより本人認証を行った後印刷しますので、放置文書の紛失や盗難を抑止します。


(3) 情報漏洩の抑止と事故発生時の迅速な追跡
印刷と同時に、文書をPDFに変換し、イメージログとして記録することで、誰が/何時/どんなデータを印刷したかを容易に判別可能です。これにより、万一、印刷物からの情報漏洩があった場合も、印刷日時、印刷者IDなどで検索して追跡調査できます。


(4) 印刷コストの大幅削減
印刷記録管理機能により、安易・不必要な印刷の抑止の他、個人・部署毎の課金情報が取り出せます。


今後、上記の特長に加え、Active Directory連携、コピー/スキャナ連携、拠点間連携などの拡張連携機能の充実も予定しています。

用語解説

________________
■ 株式会社スカイコムについて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)

弊社は、電子文書作成・閲覧・編集及びセキュリティ・保存・著作権保護関連のソフトウェアを開発提供しています。主力製品「SkyPDFシリーズ」は、2004年3月発売以来、国内外200万本以上の販売実績を有しています。
ドイツ連邦共和国税理士データ処理協会(DATEV)にも、2005年以来累計65万ライセンスを納入するなど、海外輸出では業務用ソフトウェアとして最大規模を誇っています。
「SkyPDF」は、高パフォーマンス(当社テスト結果平均約2倍以上の高速変換)、高品質を特長とし、国産ソフトウェアとして日本語対応にも強みを発揮し、中央省庁、自治体に数多くの実績を持っています。
又、e文書法をはじめとするコンプライアンス、情報漏洩防止をはじめとするセキュリティ対策などの市場ニーズに応えています。
さらに、最近ではJ-SOX法への対応を求められている上場企業にも納入が進んでいます。
主な株主は、沖電気工業株式会社、株式会社TKC、ネットワンシステムズ株式会社です。 

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?