Swift 3D v5 日本語版発売

2007年12月末より、Swift 3D v5日本語版の国内発売を開始いたします。

株式会社エヌジーシー 2007年11月29日

株式会社エヌジーシー ディ・ストームディビジョンは、Electric Rain社のFlash用3DCGソフトウェアSwift 3Dの最新バーションSwift 3D v5の発売を、2007年12月末より開始いたします。

今回のバージョンアップでは、オブジェクトの変形を行うメッシュモーフアニメーション、アプリケーションとの連携を可能にする3DSファイル出力サポート、また最新のFlash 9プレーヤーで動作するオープンソースの3Dエンジン Papervision3Dに対応したデータの出力をサポートしました。

Swift 3D v5の商品パッケージは、製品版およびダウンロード版の2種類で、さらにプラットフォーム毎にWindows用またはMac OSX用に分けて販売をいたします。

販売価格
製品名:Swift 3D v5 日本語版 Windows
希望小売価格:35,000円(税別)

製品名:Swift 3D v5 日本語版 Windows ダウンロード
希望小売価格:33,000円(税別)

製品名:Swift 3D v5 日本語版 Mac OSX
希望小売価格:35,000円(税別)

製品名:Swift 3D v5 日本語版 Mac OSX ダウンロード
希望小売価格:33,000円(税別)


Swift 3D v5 日本語版 Windowsの動作環境
OS:Windows XP, Vista
CUP:インテル Pentium 4 1.2Ghz以上または互換プロセッサのPC
メモリー:512MB以上
ハードディスク:40MB以上
画面解像度:1024 x 768以上の解像度の環境
(nVIDAまたは、ATI社製のハードウェアアクセラレーション機能搭載のグラフィックスカード搭載機種を推奨)

Swift 3D v5 日本語版 Mac OSXの動作環境
OS:Mac OS X 10.3以上
※Leopardでの動作については、支障はございませんが、ユニバーサルバイナリではございません。
メモリー:1GB以上
ハードディスク:40MB以上
画面解像度:1024 x 768以上の解像度の環境

Swift 3D 製品紹介ホームページ
(リンク »)

Swift 3D v5 新機能紹介
(リンク »)


アップグレードについて
Swift 3D v3、Swift 3D v4、Swift 3D v4.5 の日本語版のユーザー様へはアップグレードキットをご用意しております。

Swift 3D v4.5からSwift 3D v5日本語版へアップグレード
アップグレード価格:10,500円(税抜き10,000円)

Swift 3D v4またはSwift 3D v3からSwift 3D v5日本語版へアップグレード
アップグレード価格:19,740円(税抜き18,800円)

※アップグレードキットは、ダウンロード版のご用意はございません。

購入について
Swift 3D v5のご購入は全国のソフトウェア販売店( (リンク ») )または、エヌジーシーオンラインストアE@STORMまで

用語解説

Electric Rain社について
Electric Rainは、米国コロラド州ボルダーに拠点をおくソフトウエアメーカーです。簡単に使用できるマルチメディア製作ソフトウェアの製作・販売を行っています。Electric Rain独自のベクターレンダリング技術RAViXを使用したSwift 3Dシリーズや、Windows Vista用プレゼンテーションソフトStandOutの開発を行っております。
Electric Rain
(リンク »)

Papervision3Dは、オープンソースのFlash 用の3Dエンジンです。
ActionScript 2またはActionScript 3で動作し、Flash上で3Dを実現する
プログラミング環境です。

Papervision3D
(リンク »)

ディ・ストームについて
ディ・ストームは、Electric Rain社の日本国内代理店として、Swift 3D シリーズの日本語化、日本語マニュアルの製作を行っております。
DSTORM
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社エヌジーシーの関連情報

株式会社エヌジーシー

株式会社エヌジーシーの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから