「iタウンページ」新サービスのβ版提供開始について ~ユーザの行動支援に主眼を置いた機能強化を実施~

NTT番号情報株式会社 2007年12月05日

From PR TIMES

 NTT番号情報株式会社(代表取締役社長:中田昭雄、本社:東京都港区)は、インターネットで全国約1,000万件の店舗・企業情報が検索できるローカルサーチサイト「iタウンページ」( (リンク ») )において、12月6日(木)より、ユーザの行動支援に主眼を置いた「検索機能の強化」および「コミュニティ機能の充実」をPC版において実施いたします。


1.提供の背景
 iタウンページは、インターネットユーザの新しい消費行動に対応するため、「サーチ」(事業主とユーザのマッチング)、「コミュニティ」(ユーザによる情報発信の活用)、そして「ユーザインターフェース」(地図活用による利便性の向上)の3つのキーワードを有機的に結合させ、平成18年度よりiタウンページのさまざまな機能強化を実施してきました。今後は、CGMを中心とした企業・ユーザ双方から発信されるインターネット上の情報と、業種やサービスを元に分類・整理されたiタウンページのローカル情報を融合し、ユーザの行動支援の強化を図ってまいります。


2.新サービスの概要
(1)検索機能の強化
1.「iタウンページ ハイパーサーチ(β版)」( (リンク ») )
 従来、エリアとキーワードの2つあった検索ボックスをワンボックス化します。これにより、エリアを指定しない検索が可能になります。
さらに、iタウンページに登録されているお店・企業のホームページに記載された情報をクローリングし検索対象ワードとして登録します。これらにより、検索力が向上、より多くのお店・企業情報が検索結果にリストアップされることになります。
また、今回新たに、楽天株式会社(代表取締役会長兼社長:三木谷浩史、本社:東京都港区)と連携し、iタウンページの店舗情報と「楽天市場」「楽天トラベル」両サイトの店舗情報とのマッチングを行います。これにより、商品購入や宿泊・旅行関連の予約などユーザの行動を支援する機能が充実します。
※別紙1参照

(2)コミュニティ機能の充実
1.「iタウンページ みんなのスクエアマップ(β版)」( (リンク ») )
スクロール地図上で、iタウンページに登録されているお店・企業情報を検索、マッピングします。さらに、表示した地図のエリアに関連する一般ブログの記事や「みんながつくる街」の新着トピックなど、ユーザが発信するローカル情報も合わせて表示することで、エリアを切り口とした情報検索の利便性を向上させます。
※別紙2参照
2.「iタウンページ みんながつくる街(β版)」( (リンク ») )
 「地図」(=「街」)を基本としたサイトインターフェースを通じて、地図上にコミュニティやトピックを自由に作成しコメント投稿することができます(会員登録要)。これにより、「街」をテーマとした参加メンバー間のコミュニケーションを醸成します。
※別紙3を参照


3.アクセス方法
(1)iタウンページトップページ( (リンク ») )からアクセス。
(2)iタウンページトップページ右上の「iタウンラボ」( (リンク ») )ボタンをクリックし、アクセス。
(3)各サービスのURLを直接入力し、アクセス。

4.今後の展開
 今後、本サービスの技術検証、利用状況およびユーザの評価等を踏まえつつ、更にサービスの改善・拡充を実施していきます。

*CGM:Consumer Generated Mediaの略。くちコミサイトやブログ、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)など、主にインターネット上で消費者(コンシューマー)から発信される情報メディアの総称。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

NTT番号情報株式会社の関連情報

NTT番号情報株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!