多層構造のフィルタを使いスパム、ウィルスメールを遮断できるスパム対策「SpamSniper PE 2008」を発表。

株式会社コベック 2007年12月10日

From PR TIMES

株式会社コベック(本社:東京都中央区 代表取締役:安貞善)は、「SpamSniper PE 2008(スパムスナイパー)」の販売を開始すると発表しました。
同製品は、全世界トラフィック分析技術を活用したRPDフィルタをはじめ、ウィルスフィルタ、画像スパムフィルタ、学習フィルタを搭載した多層構造のフィルタを使い、的確にスパム判定が可能な製品となっております。

「SpamSniper」は、韓国のJiransoft社(本社:韓国大田市、代表取締役:オ・チヨン)が開発した企業用スパム対策として同国では圧倒的なシェアを確保しています。今回、コベックが販売を開始した「SpamSniper PE 2008」は、個人・SOHO及び中小企業を対象に、簡単操作で高い検知率のスパム対策が行える製品です。

この製品は、POP3互換のすべてのメールソフトに対応しています。ユーザーが Outlook、Outlook Express、Thunderbird、Eudora、Becky! Internet Mail を使用している場合は、アカウントの設定が自動的に行われるため、非常に便利です。
また、スパム判定や隔離の処理をサーバー上で行いユーザーに正常メールを送る仕組みのため、ユーザーPCへの負荷は非常に少なくなっております。
複数のアカウントを効率よく管理できるインターフェイスや1 つのライセンスで複数の PC にインストールして使用できる点が特徴となっています。

■検知率
検知率: 97.99%
誤検知率: 0.03%

■スパム定義ファイルの更新
毎日大量のスパムを収集・分析し定義ファイルを随時配信

■10種類のフィルタ
1. 本文/件名のキーワードチェッカー
2. 本文/件名キーワードレギューレーションチェッカー
3. AVGウィルスメールフィルタ
4. ウイルスプリベンションシステム(VPS)
5. URLフィルタ
6. ベイジアンフィルタ(学習型フィルタ)
7. ヒューリスティックフィルタ(未知のスパムを予測)
8. 画像スパムフィルタ
9. 外国語(英語/中国語/韓国語)スパムフィルタ
10. RPD(リカレント・パターン・ディテクション) フィルタ


■柔軟な設定機能
1. 個人ごとにホワイトリストとブラックリストの設定可能
2. すべての外国語(英語/中国語/韓国語)メール分析および遮断機能

■導入メリット
1. スパムメールが激減して本来の業務に集中できる
2. メールからのウィルス感染やネット詐欺メールの脅威からPCを保護できる
3. ユーザーのメールシステムに手を加えずスパム対策が可能

■販売価格(税込)
SpamSniper PE 個人・SOHO製品 1年間ライセンス
3アカウント 1,980円
5アカウント 3,180円
7アカウント 4,200円

SpamSniper PE 法人製品 1年間ライセンス
10アカウント 6,600円
30アカウント 19,080円
50アカウント 30,000円

■動作環境
対応OS  Windows 2000 Pro/XP Home (SP2)/XP Pro (SP2)
       Windows 2000/2003 Server (32bit)
       Windows Vista(32bit)
CPU    Intel Pentium III 以上のCPU
メモリ   64MB 以上のメモリ
HDD領域 5MB 以上の空きスペース


【本件に関するお問い合わせ】
株式会社コベック
〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-14-7第一中央ビル8F
Tel:03-3523-4160 FAX:03-3206-1249
E-mail:support@zerospam.jp
URL: (リンク »)

【株式会社コベックについて】
設 立:2004年5月12日
所在地:〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-14-7第一中央ビル8F
代表者:代表取締役 安 貞善
資本金:1,000万円
事業内容:スパム対策、電子ブック製作ASPサービス
ホームページ:: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社コベックの関連情報

株式会社コベック

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR