高度スマートメーター(AMI)

米国の調査会社ABIリサーチの市場調査レポートが12月に刊行予定です。

株式会社データリソース 2007年12月11日

自動的に計測し、高度な計測器と企業側のバックエンドITインフラの双方向通信で作動するスマートメーターは、管理上も、エネルギー効率、環境保護、消費者サービスの点からも大きな利点がある。多くの国、州、地域が、規則と法律の面でスマートメーターを推奨している。
米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「高度スマートメーター(AMI):スマートメーターのビジネスチャンスと家庭内ネットワーク」は、ホームエリアネットワーク(HAN)の中で重要な部分を占める、スマートメーターのビジネスチャンスを分析し、今後5年間に世界市場に登場するスマートメーターや家庭内ネットワークインフラの多くのコンポネントや要素を予測する。固定RF、電力線、セルラー、WiMAX、ZigBeeなどの通信技術についても詳述している。

◆調査レポート
高度スマートメーター(AMI):スマートメーターのビジネスチャンスと家庭内ネットワーク
(リンク »)

◆米国ABIリサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!