アクテル、ワールドワイド・セールス担当上級副社長を任命

元サイプレスセミコンダクタ社幹部が、低消費電力製品のワールドワイド販売を指揮

アクテルジャパン株式会社 2007年12月17日

アクテル(米国カリフォルニア州マウンテンビュー、日本法人:アクテルジャパン株式会社、東京都渋谷区)は本日、Jay Legenhausenをワールドワイド・セールス担当上級副社長に任命しました。経験豊かな人材を営業陣に加え強化することで、定評のあるアクテルの低消費電力製品の需要拡大を目指します。半導体業界17年のベテランであるLegenhausenは、業界をリードするアクテルの低消費電力フィールド・プログラマブル・ゲート・アレイ(FPGA)とプログラマブル・システム・チップ(PSC)の両ソリューションについて、既存ならびに新興の大規模市場での採用促進に向けて営業活動を率います。

Legenhausenは、サイプレスセミコンダクタ社でアプリケーション・エンジニアからセールス・マネジャーを経て、全米セールス担当副社長へと短期間に昇進を重ねた後、アクテルに入社しました。サイプレスセミコンダクタ時代は、セールス担当副社長として200名以上のチームを率い、年間売上高 3億ドルの実績を達成しました。サイプレスセミコンダクタ社の販売チームは、Legenhausenの指揮によって受注拡大、利益向上に努め、市場の成長率を上回る成果を達成しました。彼はまた、顧客との関係の向上や管理にも戦略的に対応できる幅広い経験を有しています。


アクテルの社長 兼 最高経営責任者、John Eastのコメント
「アクテルは、超低消費電力のIGLOO FPGAや電力管理用のFusion PSCなど、定評のある各種製品によって、この先、数ヵ月間の成長が加速されるでしょう。当社は、販売管理の実績を持つJayが加わったことで、世界各国で成長する機会を最大限に活かすことができます」


Legenhausenは、ラトガース大学より工学士号、ウィスコンシン大学より工学修士号、ニューヨーク大学より経営学修士号を得ています。


アクテルについて
アクテルの革新的なFPGAであるプログラマブル・システム・チップ・ソリューションは、チップ・レベル、システム・レベル双方の電力消費を削減し、電力効率に優れた設計を実現します。アクテル(ACTL)はNasdaq National Marketに上場しています。詳しい情報はウェブサイト(jp.actel.com)をご覧下さい。

用語解説

※ Actelの名称とロゴはActel Corporationの登録商標です。その他の全ての商標とサービスマークは、それぞれの企業・団体に所有権が帰属します。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アクテルジャパン株式会社の関連情報

アクテルジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR