「日本位置情報サービス(LBS)の動向と展望~バリューチェーン・サービス・プレイヤー分析~ 」調査報告書を発表

ROA Groupがお届けする最新レポート

株式会社ROA Holdings 2008年01月08日

アジアICT業界のリサーチ・コンサルティングを幅広く展開する国際リーディング企業の株式会社ROA Group(本社:東京都新宿区西新宿、代表取締役社長:李承勲)は、調査・分析レポート「日本位置情報サービス(LBS)の動向と展望~バリューチェーン・サービス・プレイヤー分析~」を刊行し、販売を開始いたしました。

●報告書の概要●
本レポートでは、LBSの定義付けを行い、日本におけるLBS市場規模と共にバリューチェーンを軸に分析を行いました。
携帯産業を中心にこれからも成長していくことが予想されるLBSは、停滞感の出てきた携帯ビジネスに新たな機会と可能性をもたらすものと思われます。

本レポートではバリューチェーンの分析や各レイヤーのプレイヤー事例にも焦点を当てて分析を行なっており、今後LBS市場に参入を検討しているきぎょうにとってLBS分野の全体像が分かるよう配慮しました。また市場規模予測については将来に起こるべき複数の仮定を前提に算定を試みました。



●目次●

エグゼクティブサマリー

1 位置情報サービス(LBS)市場の全体像
 1-1 日本におけるLBSの定義
  1-1-1 情報サービス分野
  1-1-2 ルーティング分野
  1-1-3 その他分野
 1-2 LBSビジネスモデル
  1-2-1 基本垂直統合型
  1-2-2 コンテンツプロバイダ
  1-2-3 マッププロバイダ
  1-2-4 プラットフォーム事業者
  1-2-5 携帯キャリア
  1-2-6 端末メーカー

2 技術・サービス動向
 2-1 最新技術動向
  2-1-1 GPS技術
  2-1-2 将来の技術トレンド
 2-2 最新サービス動向
  2-2-1 経路探索/ナビゲーション
  2-2-2 ナビ広告
  2-2-3 マップ検索
  2-2-4 GISGW研究
  2-2-5 セキュリティ関連サービス
  2-2-6 SNSとGPS

3 位置情報サービス(LBS)の主要企業の戦略分析
 3-1 コンテンツプロバイダ
  3-1-1 ディー・エヌ・エー(モバゲータウン)
  3-1-2 グリー(EZ GREE)
  3-1-3 ぐるなび
 3-2 マッププロバイダ
  3-2-1 ゼンリン
  3-2-2 昭文社
  3-2-3 アルプス社
 3-3 プラットフォーム事業者
  3-3-1 ナビタイムジャパン
  3-3-2 ゼンリンデータコム
  3-3-3 ユビークリンク
  3-3-4 駅前探検倶楽部
 3-4 携帯キャリア
  3-4-1 NTTドコモ
  3-4-2 KDDI
  3-4-3 ソフトバンクモバイル
  3-4-4 ウィルコム

4 GPSを巡る諸問題
 4-1 緊急通報位置通報(日本版E911)
 4-2 プライバシー問題

5 日本位置情報サービス(LBS)市場の今後の展望および示唆点
 5-1 LBS市場規模予測
 5-2 今後の方向性予測
 5-3 インプリケーション

図目次

[図 1-1] LBSにおける情報サービスの位置付け
[図 1-2] LBSのバリューチェーン
[図 1-3] コンテンツプロバイダのレイヤーモデル
[図 1-4] ASPモデル
[図 1-5] マッププロバイダのレイヤーモデル
[図 1-6] プラットフォーム事業者のレイヤーモデル
[図 1-7] ドア・ツー・ドア経路検索の例
[図 1-8] 携帯キャリアのレイヤーモデル
[図 1-9] 携帯端末メーカーのレイヤーモデル
[図 2-1] 「MS-Assisted」技術の概要図
[図 2-2] 「MS-Based」の概要図
[図 2-3] KDDIの屋内ナビゲーションシステム
[図 3-1] ゼンリンの売上高概要
[図 3-2] 昭文社の売上高概要
[図 3-3] ナビタイムジャパンのビジネス拡張相関図
[図 3-4] ゼンリンデータコム社のビジネス拡張相関図
[図 3-5] ユビークリンク社のビジネス拡張相関図
[図 3-6] 駅前探検倶楽部のビジネス拡張相関図
[図 5-1] 日本LBS市場の規模予測(2008年~2012年)

表目次

[表 1-1] LBSの分類
[表 1-2] 主要マッププロバイダと各サービス
[表 1-3] 各携帯キャリアの独自LBS
[表 2-1] GPS搭載携帯電話の測位方法
[表 2-2] 経路探索/ナビゲーションサービスプロバイダ
[表 2-3] ナビ(地域)広告関連企業
[表 2-4] マップ検索提供事業者
[表 2-5] GISGW賛同企業
[表 2-6] GISGW beta1 仕様
[表 2-7] 主要セキュリティ情報サービスプロバイダ
[表 2-8] GPS機能を活用した主要モバイルSNS
[表 3-1] ナビタイムジャパンの測位技術別サービス
[表 3-2] ゼンリンデータコム社のサービス

●商品概要●
発行:株式会社ROA Group
発刊予定日:2007年 12月
判型:A4カラーコピー印刷 ページ数:  81ページ
調査・製作 : 株式会社 ROA Group
価格 :
- 99,750円 税込(PDF)
- 102,900円 税込(PDF+印刷版)
- 99,750円 税込(印刷版)


<お申し込み方法>
次のURLからお申し込みいただけます。
URL:  (リンク »)


●会社概要●

社名    株式会社ROA Group
所在地   東京都新宿区西新宿6-12-4 コイトビル8階
Tel. 03-3349-8071 Fax. 03-3349-8072
URL (リンク »)
Email research@researchonasia.com
その他支店:ソウル支社、上海支社
代表者   代表取締役社長 李 承 勲
事業内容   受託調査、調査レポート発行、年間サービス
専門研究分野   アジアを中心とした通信産業及びデジタルコンバージェンス産業


●本プレスリリースについてのお問い合わせ●
株式会社ROA Group レポート・マーケティングチーム 担当:李 和 美(リ ファミ)
Tel: 03-3349-8071 Email: report@researchonasia.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ROA Holdingsの関連情報

株式会社ROA Holdings

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから