小型風力発電機の専門メーカーのゼファー(株)クオンタムリープ株式会社とアドバイザリー・サービス契約を締結

~小型風力専門ベンチャー企業から、真に国際的貢献のできる世界企業への飛躍をめざす~

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社 2008年01月08日

小型風力発電システムの専門メーカー、ゼファー株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長 
伊藤瞭介)はこのほど、国際的見地からベンチャー企業の育成支援を行う、クオンタムリープ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 出井伸之―ソニー株式会社元会長兼グループCEO)とは、この度、アドバイザリー・サービス契約を締結いたしました。これにより当社は、同社のもつグローバルな知識と経験をもとに、小型風力市場において新たな事業戦略を構築し、事業の拡大を加速させてまいります。

昨年、当社が世界市場向けに販売を開始した1キロワット小型風車「エアドルフィン」は、特に欧州市場を中心に高い評価を得ております。最近では欧州に加え、米国、中近東、東アジア、オセアニア地域等への販売も拡大しつつあります。そのため当社としては、将来を見据えた販売網の構築を急速に進める必要が生じており、海外資金市場をも視野に入れたグローバルな資本政策を推進する必要があります。そうした背景の中で当社の事業拡大戦略を質と量の両面からその見直しと実行が重要な課題となっていました。従って今回の契約締結は、当社の事業戦略上の大きな前進に結びつくものとなります。

わが国の風力市場は、このところ大型風車の市場開発が、やや低調な推移を示している中で、高性能化が著しく進んだ1キロワットレベルの小型風車の需要が拡大しています。また、風力発電導入に積極的な欧米市場においては、地球温暖化防止対策には、小型風車の利用が有効とされており、家庭用から集合利用まで需要の拡大が見られます。とくに欧州市場では、電力会社の買電単価が高いことや、国や自治体による導入助成制度や政策が既に具体化しており、世界市場における小型風力への需要が今後は急速に活発化するものと予測されます。

今回の契約締結により、当社は以下の中期政策を推進する計画です。
1.事業戦略のグローバル化 
* 好調な販売実績が出つつあるイギリスを中心に、欧州地域での営業体制を強化。
* アジア、中近東地域の販路開発。
* 北米地域の販売強化
* 各地域における販売拠点の設置。
2.新製品の開発
   * 各国別の需要に適応した風車及び系統連系発電設備の開発。
3. 物流・メンテナンス・サービス体制の構築
* 海外物流・サービスセンター整備。
4. 新市場開拓に必要な資本財務政策の推進
* 当面、10億円程度の資本調達。

当社はこの政策を強力に推進することで、5年後の事業規模を60億円と見込んでいます。



<参考情報>

(クオンタムリープ株式会社の概要)
アジアとの共生の中で日本の産業競争力を高めることをビジョンとし2006年に設立されたビジネスプロデュース会社です。産業活性化に向けたフォーラムの実施やベンチャー企業の支援、大企業の活性化コンサルティングなどを通じ、次世代の日本の競争力を担う新産業・新ビジネスを生み出すための活動を行っています。


(ゼファー株式会社の概要)
当社は平成9年6月、新エネルギー分野に特化した専門メーカーとして創業し、地球温暖化防止に役立つ小型風力発電の分野における風車及びその周辺機器機の開発、市場開発に関して積極的な事業を展開してきました。この間に独創的特許技術とノウハウにより、製品の開発を行ない、これまで国内市場において、5,000システム以上の設置導入実績をもつベンチャー企業であります。その製品の用途は、一般家庭から、学校や自治体、大手民間企業、離島や船舶など広範囲にわたるもので、中でもビルの屋上、洋上や離島、3千メートル級の山岳地帯などで、これまでに類のない大きな発電量実績を実証するなどにより、国内でトップの市場シェアを実現しています。

その間、当社が主催した「産学官共同開発プロジェクト」は、平成14年以来約5年の歳月を費やし世界でナンバーワンの性能と称される「エアドルフィンMark Zero」(定格出力1kW)の開発に成功しました。このプロジェクトでは、経産省とNEDOの助成制度の適用や、国内大手ベンチャー・キャピタル10数社の投資資金から、約6億円の開発資金を投入しました。その成果物であるエアドルフィンは、超軽量(総重量17キログラム)で50メートル/秒の強風まで無停止で運転を続けることが出来るなど、その発電性能において大型風車の水準を上回る実用性が、世界市場で高い評価を得ており、既に今春より本格的な販売を開始、日本発の世界戦略商品として欧州を中心に世界の風力発電業界で高い評価を集めており、すでに1000システムを販売しました。

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社の関連情報

ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?