高速データ転送を実現するeSATAケーブル「PL-EST05」を発売

プラネックスコミュニケーションズ株式会社 2007年11月01日

プラネックスコミュニケーションズ株式会社(代表取締役社長:久保田克昭、本社:東京都渋谷区、JASDAQコード 6784)は、シリアルATAの外付け規格である「eSATA」に対応したケーブル「PL-EST05」を全国の主要代理店およびPLANEX Directを通じて発売いたします。
【主な特長】
■ シリアルATAの外付け規格である「eSATA」に対応したケーブル
高速データ転送を実現するシリアルATA規格を外付け用デバイスでも使用可能にした「eSATA」用ケーブルです。eSATA対応パソコンとeSATA対応周辺機器を接続することができます。ケーブル長は0.5mとなります。
コネクタ形状:コネクタeSATA I 型コネクタ ⇔ eSATA I 型コネクタ
■ 1.5Gbps/3.0Gbpsの高速データ送信に対応
SATA1.0規格(最大1.5Gbps)およびSATA II規格(最大3.0Gbps)の高速データ転送に対応しています。100MB/s以上で読み書き可能な最近の外付けハードディスクに接続する場合でもストレスを感じることなくデータ転送ができます。
※表示の数値は理論上の最大値であり、実際のデータ転送速度を示すものではありません。
■ RoHS対応
生産から廃棄処分にいたる製品のライフサイクルにおいて、人の健康や環境への負荷を最小限に抑えることを目的として、鉛、カドミウム、水銀、6価クロム、ポリ臭化ビフェニル、ポリ臭化ジフェニルエーテルの有害物質の使用量を規制している「RoHS」にも対応しています。



【製品写真】
(リンク »)

【メディアご担当者様お問い合わせ先】
(リンク »)

【読者からのお問い合わせ窓口】
0120-415-976

【ユーザ直販ページ】
PLANEX Direct
0120-415-978
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

プラネックスコミュニケーションズ株式会社の関連情報

プラネックスコミュニケーションズ株式会社

プラネックスコミュニケーションズ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!