社外での使用履歴を一元管理でき、外部統制に対応したセキュリティUSBメモリ『SD-Container Log』を2月下旬より発売開始!

イーディーコントライブ株式会社 2008年01月16日

日本版SOX法の施行も目前に迫り、多くの企業が内部統制に本格的に取り組んでいます。内部統制の目的の一つとして「資産の保全」が含まれますが、情報資産の保全を考慮した場合には、社内ばかりではなく外部委託業者、アライアンス企業等の外部統制をも視野に入れた対策が必要となってきます。 情報資産を管理する中で、社外との情報授受ツールとしてUSBメモリが利用されているケースが多く、各企業ともセキュリティUSBメモリを採用し、データの暗号化やパスワード認証等、安全に情報を移送するための対策をとっています。 今回発売する『SD-Container Log』は、これらの情報移送時のセキュリティ対策ツールであるとともに、社外での使用履歴を一元管理できる機能を新たに搭載し、外部における情報資産統制にも対応しています。

『SD-Container Log』では、『SD-Container』シリーズの基本機能(パスワード認証/データの強制暗号化、管理者権限不要/インストール不要)を踏襲して安全に情報を持ち出させるとともに、社内・社外を問わずUSBメモリの使用履歴をログとして自動的にサーバに保存することにより、社外持ち出し後の監視も可能となります。また、USBメモリが紛失・盗難した場合には、管理者がLog管理ページから該当USBメモリの無効設定を行うことにより、該当USBメモリがネットワーク環境下で操作された時点で遠隔ロック、もしくはUSBメモリ内のデータを削除できるので、通常のUSBメモリよりさらに情報漏えいリスクを軽減できます。

(1)ログ保存機能
『SD-Container Log』は、USBメモリ側に使用履歴の保存機能を実装し、さらに、インターネット接続環境下では、使用履歴をインターネット経由でサーバへ収集することにより、社内外を問わずUSBメモリの使用履歴をログとして自動的にサーバに保存します。オフラインあるいはインターネットに接続できなかった場合には、USBメモリ内に使用履歴を蓄積し、インターネットに接続できる環境で『SD-Container Log』を使用した際にまとめてサーバに使用履歴をログとして収集します。
これにより、システム管理者は、専用アカウントを使用してWebブラウザ経由でサーバにログインするだけで会社資産であるUSBメモリの社内外での使用履歴を一元管理することができます。
【取得可能なログ内容】
・IPアドレス
・MACアドレス
・コンピュータ名
・USBシリアル番号
・ログインアカウント
・操作日時
・操作内容
・操作対象ファイル名

(2)ユーザー無効設定機能
システム管理者が、Log管理ページから対象の『SD-Container Log』に対してユーザの無効設定を行うことにより、対象『SD-Container Log』の使用を停止することができます。また、『ContainerLog管理者ツール』での設定により、ユーザー無効化設定時にUSBメモリ内のデータを強制的に削除することも可能です。
※ユーザー無効設定は、『SD-Container Log』をネットワーク環境下で操作を行った場合に適用されます。


製品の詳細は、データセキュリティサービスサイトよりご覧下さい。
(リンク »)

今回の『SD-Container Log』は、情報資産の内部統制および外部統制を可能とする製品として、各企業のセキュリティ対策を支援いたします。『SD‐Container』シリーズでは、今後も企業コンプライアンスを考えるシステム管理者、実際にビジネスの現場で利用するユーザー、両者のニーズを高次元で満たす製品を提供してまいります。
--------------------------------------------------------------------------------
■SD‐Container Logの動作環境(USBメモリ)
OS:Windows Vista / XP(SP2) / 2000Pro(SP4) ※英語版対応
CPU:Intel Pentium III 1GHz以上
インタフェース:USB1.1、2.0
ポート:USB Aソケット
電源:USBバスパワー
動作電源:5V±5%
消費電力:1.25W以下
消費電流:最大250mA以下
温度:0~45℃
湿度:10~85%(無結露)
※サーバにログを蓄積するにはインターネット経由でLogサーバに接続できる環境が必要です。なお、Logサーバと接続できない環境で一次利用する場合には、USBメモリ内部にログを蓄積することが可能です。

■Container Log管理者ツール動作環境
OS:Windows Vista / XP(SP2) / 2000Pro(SP4)
CPU:Intel Pentium III 1GHz以上
メモリ:256MB以上

■ Logサーバでのログ管理動作環境
対応ブラウザ:Internet Explorer6.0/Internet Explorer7.0
※インターネット経由でLogサーバに接続できる環境が必要です。
--------------------------------------------------------------------------------
■製品名/製品コード/JANコード
製品名/製品型番/JANコード/価格
SD‐Container Log 512MB/SDC5120L1/4534798906016/オープンプライス
SD‐Container Log 1GB/SDC01G0L1/4534798906023/オープンプライス
SD‐Container Log 2GB/SDC02G0L1/4534798906030/オープンプライス
SD‐Container Log 管理者ツール/SDCADML1/4534798906047/オープンプライス
--------------------------------------------------------------------------------
【本件に関するお問合せ】
イーディーコントライブ株式会社
東京都新宿区新宿6-24-20 ウェルシップ東新宿9F
TEL:03-5155-6515  FAX:03-5155-6400    (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

イーディーコントライブ株式会社の関連情報

イーディーコントライブ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR