株式会社博報堂DYホールディングスと株式会社メディアフラッグの 業務提携および資本提携に関するお知らせ

株式会社メディアフラッグ 2008年01月17日

From PR TIMES

株式会社博報堂DYホールディングス(本社:東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一 以下「博報堂DYホールディングス」)は、インターネットを活用した営業支援、リサーチ等のアウトソーシング事業を手がける株式会社メディアフラッグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:福井康夫 以下「メディアフラッグ」)と業務および資本提携を行うことを決定いたしましたので、お知らせいたします。


株式会社博報堂DYホールディングス(本社:東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一 以下「博報堂DYホールディングス」)は、インターネットを活用した営業支援、リサーチ等のアウトソーシング事業を手がける株式会社メディアフラッグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:福井康夫 以下「メディアフラッグ」)と業務および資本提携を行うことを決定いたしましたので、以下の通りお知らせいたします。




1.業務提携の理由

生活者をとりまく情報の質・量が共に大きく変化しつつある中、企業のマーケティングは広告・宣伝から、販促・流通対策までシームレスで捉える統合型マーケティングへと変化しつつあります。そのため、マスマーケティングと店頭プロモーションの企画・実行を高いレベルで統合することが重要になります。
メディアフラッグは携帯電話を活用したCRMソリューション「Market Watcher」を核にセールスプロモーション業務の効率化と効果検証ノウハウを提供する店頭マーケティングのアウトソーシング専門企業です。
今回の業務提携において、博報堂DYグループは、統合マーケティングソリューション提供のノウハウを更に強化するため、事業ドメインの拡大に向け、メディアフラッグ社と研究・ナレッジ開発で協働してまいります。


2.業務・資本提携の概要

■ 業務提携の内容 店頭プロモーション領域における両社のノウハウを活用した共同研究やナレッジ開発

■ 資本提携の概要 業務提携の円滑な推進と良好な関係構築のため、博報堂DYホールディングスはメディアフラッグの普通株式100,000株を株式譲渡により取得いたしました。

■ 株式会社博報堂DYホールディングスの概要
(1)商号 : 株式会社博報堂DYホールディングス
(2)主な業務内容 : 広告主等に対しマーケティング・コミュニケーションサービス全般の提供を行う子会社の経営管理等を行う持株会社
(3)設立年月 : 2003年10月
(4)本店所在地 : 東京都港区東新橋一丁目5番2号 汐留シティセンター
(5)代表者 : 代表取締役社長 戸田裕一
(6)資本金の額 : 100億円 (平成19年12月末現在)
(7)従業員数 : 41名(平成19年3月末現在)

■ 株式会社メディアフラッグの概要
(1)商号 : 株式会社メディアフラッグ
(2)主な業務内容 : 流通・サービス業に特化したインターネット活用型アウトソーシング業「Market Watcher」は全国10,000名に上る自社登録スタッフによる携帯電話を活用した店頭調査・レポーティングシステム
(3)設立年月 : 2004年2月
(4)本店所在地 : 東京都渋谷区道玄坂1-20-8 寿パークビル4F
(5)代表者 : 代表取締役社長 福井康夫
(6)資本金の額 : 2億2,635万円 (平成19年12月末現在)
(7)従業員数 : 58名(平成19年11月末現在)

■ 本件に関するお問い合わせ先

株式会社博報堂DYホールディングス 経営企画局 田中 成岡 TEL:03-6218-9033
株式会社メディアフラッグ 経営企画室 番場 TEL: 03-3462-7900

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社メディアフラッグの関連情報

株式会社メディアフラッグ

株式会社メディアフラッグの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!