プロトン、内部からの情報漏洩を阻止するデバイス制御ソフト「DeviceLock 6.0」のアカデミックライセンスを2008年2月1日より販売開始

株式会社ラネクシー 2008年01月22日

株式会社プロトン(〒169-0073 東京都新宿区百人町1-22-17、代表取締役社長:二瓶孝二)は、SmartLine社(スマートライン社:米国カリフォルニア州、CEO:Vitaly Chipitsine)が開発したデバイス制御ソフトウェア「DeviceLock 6.0」を教育機関向けに安価な価格で提供する「DeviceLock 6.0アカデミックライセンスパック」の販売を2008年2月1日(金曜日)より開始します。

DeviceLock6.0は、USBメモリやCD-ROMなどの着脱可能メディアをはじめ、FireWireポート、Wi-Fiアダプタ、Bluetoothアダプタなどへのアクセス権限などを管理することで、情報の不正持ち出しなどを防止するソフトウェアです。わかりやすいセットアップウィザードや情報を複数のグラフィックで表示するなど、使い勝手のよいユーザインタフェースを特徴としています。
また、導入時のインストール・設定・管理が簡単で、さらに高価なサーバライセンスを必要としないためコストパフォーマンスにも優れており、2005年1月の販売開始以来、53,000ライセンスを出荷し、地方自治体、製造業、病院に代表される医療関連企業などを中心に多くの導入実績があります。

2005年4月に個人情報保護法が完全施行されましたが、企業や団体などによる情報漏洩事件は後を絶ちません。情報漏洩事件のパターンは様々ですが、Winnyに代表されるファイル共有ソフトを介した漏洩事件が現在多発しており、新聞・雑誌などのメディアでたびたび取り上げられています。
教育現場も例外ではなく、USBメモリなどの外部デバイスを利用して生徒の個人情報などを持ち出し、自宅PCからファイル共有ソフトを介して情報流出したケースや、持ち出した外部デバイスを紛失したケースなどが数多く報告されています。
また最近では、規則に反して生徒の個人情報をUSBメモリに保存して持ち出したのち、USBメモリを紛失した教諭に対して厳しい処分を下した例も報道されています。

「DeviceLock 6.0アカデミックライセンスパック」は、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、大学などの教育機関が保有するパソコン(クライアント用、サーバー用)の数量に応じて購入するライセンスを特別価格で提供します。DeviceLockを導入することで、児童及び生徒の個人情報を含むデータの持ち出しを必要最小限に抑えられ、個人情報流出を低予算で未然に防ぐことができます。

プロトンは、今後も情報化社会の企業リスク低減のために、セキュリティ関連ビジネスへの取り組みを強化して参ります。

■主な機能

●各クライアントPCの外部ストレージデバイスにコピーされたか、またはシリアルおよびパラレルポートを使用して送信されたすべてのデータをミラーリングするシャドウイング機能
●各クライアントPC上のUSBだけではなく、特定のDVD/CD-ROMディスクをデータ署名で識別し、各クライアントPCにインストールされたエージェントソフトのDeviceLock ServiceがDVD/CD-ROMドライブをブロックしている場合でも、そのディスクへの読み取りアクセスの認証が可能なメディア・ホワイトリスト機能
●各クライアントPC上のフロッピードライブ、DVD/CD-ROMドライブ、テープデバイス、USBデバイス、FireWireポート、WiFiアダプタ、Bluetoothアダプタなど、制御したいデバイスをサーバ上のDeviceLock Enterprise Managerや管理コンソールから選択するだけでアクセス許可の設定が可能
●デバイスタイプやユーザグループごとにアクセス可能なユーザ、曜日、時間を設定
●アクセス権限の設定で、不正アクセスによるファイルの改ざんを防止
●USBメモリ、DVD/CD-ROMなどの特定のデバイスに対し、アクセス許可を与えることが可能、また、特定のデバイスのユーザに対してアクセス許可/不許可のグループ分けも可能
●ネットワークに参加していないクライアントPCに対する、USBデバイスへの一時的接続のアクセス権限の付与
●組織の規模やネットワーク環境に応じて、管理画面を複数のGUIから選択可能
●Active Directoryとの連携可能

------------------------------------------------------------------------------
■DeviceLockの詳細
(リンク »)

------------------------------------------------------------------------------
■発売時期
2008年2月1日より

------------------------------------------------------------------------------
■価格
DeviceLock 1~24ライセンス 1ライセンスあたり \4,800(保守単価\960)
DeviceLock 25~49ライセンス 1ライセンスあたり \4,400(保守単価\880)
DeviceLock 50~99ライセンス 1ライセンスあたり \4,000(保守単価\800)
DeviceLock 100~199ライセンス 1ライセンスあたり \3,600(保守単価\720)
DeviceLock 200~499ライセンス 1ライセンスあたり \3,200(保守単価\640)
DeviceLock 500~999ライセンス 1ライセンスあたり \2,800(保守単価\560)
DeviceLock 1,000~1,999ライセンス 1ライセンスあたり \2,400(保守単価\480)
DeviceLock 2,000~4,999ライセンス 1ライセンスあたり \2,000(保守単価\400)
DeviceLock 5,000~9,999ライセンス 1ライセンスあたり \1,840(保守単価\368)
DeviceLock 10,000~ 1ライセンスあたり \1,680(保守単価\336)

※ご購入初年度は年間保守サービスへのご加入が必須となります。
※メディアキット(\3,600)が別途かかります。
※上記価格には、消費税は含まれておりません。
------------------------------------------------------------------------------
■株式会社プロトン概要
システムソリューションプロバイダとして、セキュリティソフトやストレージ管理ソフト等の業種横断的なシステムソフトウェアを企業から個人ユーザまで幅広く提供すると共に、ネットワークシステムの提案・構築・運用・保守やコンサルティング、システム機器販売などのインテグレーションや、業種別ビジネスソフトウェアをベースとしたシステム構築など、多様なニーズに対応したソリューションを提供しています。

------------------------------------------------------------------------------
■SmartLine社について
SmartLine社は、1996年に設立された、ソフトウェア開発ベンチャーです。
Microsoft Windows対応の様々なセキュリティ製品の開発を手掛け、多くの企業や組織に情報セキュリティやネットワーク管理ソリューションを提供しています。
SmartLine社のアクセス制御に関する専門技術は、セキュリティ、生産性、システムの可用性を向上させ、同社製品のユーザには、大手ITテクノロジー企業を始め、金融機関、テレコミュニケーション、米国の州政府および連邦政府の部局などが名を連ね、高い支持を得ています。

------------------------------------------------------------------------------
製品に関するお問合せ
株式会社プロトン 営業本部 第四営業部
〒169-0073 東京都新宿区百人町1-22-17 フジビル26
TEL:03-5337-6430  FAX:03-5337-6130
Email:sales@proton.co.jp

------------------------------------------------------------------------------
ニュースリリースに関するお問い合わせ
株式会社プロトン 営業本部 営業推進室
〒169-0073 東京都新宿区百人町1-22-17 フジビル26
TEL: 03-5337-6431  FAX: 03-5337-6130
Email:mk@proton.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR