ちょびリッチ、「ちょびリッチ」(PCサイト)を大幅リニューアル

株式会社ちょびリッチ 2008年01月23日

株式会社ちょびリッチ(代表取締役:斎藤利春 東京都杉並区)の運営するインターネットメディア「ちょびリッチ」( (リンク ») )が1月23日(水)に大幅なリニューアルを行いましたのでここにお知らせします。
「ちょびリッチ」は「サイフもココロもハッピーに!」をコンセプトとして、おもにインターネット上でポイントサービスを提供しています。
「ちょびリッチ」が提供するポイントサービスとはユーザーが「ちょびリッチ」のサイトを経由し、提携サイトでショッピングや各種サービスのお申込みなどのアクションを行うと独自の「ちょびリッチポイント」が貯まっていきます(注:提携サイトでポイントサービスを行っている場合には提携サイトのポイントも貯まります。)。貯まったちょびリッチポイントは現金、各種電子マネー、ギフト券などに交換することができます。

リニューアルの概要は以下の通りです。
(1)アクセシビリティーの改善
これまで、「ちょびリッチ」で掲載している提携サイトや具体的なキャンペーンその他のコンテンツを利用していただくためには新規会員登録を行い、ログインをする必要がありました。しかし、これを改めログインを行わなくともキャンペーンやコンテンツを確認することが可能となりました。はじめて来訪された潜在的ユーザーのみなさまにも「ちょびリッチ」のサービスを認知していただくことが可能となります。
(2)ユーザーインターフェースの改善
提携サイトや具体的なキャンペーンその他のコンテンツが急激に増えたことにより雑然としていたサイトを合理的に分類することで直感的かつ少ないクリック数で目的のコンテンツにたどり着けるよう改善しました。
また、一般的なインターネット環境の飛躍的な向上にあわせてサイトの横幅を940ピクセルのワイド版に改善しました。これにより、縦割りのレイアウトが可能になるなど、より見易いサイトになりました。さらに、ポイントサービス独特の表現を見直し初めて訪れたユーザー様にもわかりやすい表現になるよう留意しました。
(3)拡張性の改善
インターネットの技術は日々進化しておりますが、これまでのシステム仕様では最新の技術を導入する受け皿としては脆弱な面が否めませんでした。今回のリニューアルではシステム全体としての拡張性を考慮して構築されており、より拡張性を高く、よりシンプルに改善されています。今後の新たなサービスにご期待ください。

原油や食物資源など原材料価格の高騰にともない、今後ますます商品価格の値上げが懸念されております。一方で消費者の収入が向上する見通しは立っておらず、苦しい生活環境になることが予想されます。
「ちょびリッチ」はこれからも消費者の目線でサービスを展開し、企業との橋渡し役を目指していきます。
今回のリニューアルを機に、「ちょびリッチ」のサービスを広く認知していただき、一人でも多くのみなさまに「ちょびリッチ」のポイントサービスをご利用していただくことで、少しでも消費者生活の向上に助力できるよう今後も努力してまいります。


=会社概要=====================
株式会社ちょびリッチ
代表取締役 齋藤利春
〒166-0011 東京都杉並区梅里1-7-7 新高円寺ツインビル2F
設立2004年8月20日
■関連媒体
ちょびリッチ。 (リンク »)
ちょびリッチVISION  (リンク »)
■事業内容 
インターネットメディア「ちょびリッチ」の運営
Webサイト構築の総合コンサルティング、製作、管理
広告代理事業
==========================
----------------------------------------------------
本リリースについての問い合わせ
◆株式会社ちょびリッチ
E-Mail:info@chobirich.jp
----------------------------------------------------

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ちょびリッチの関連情報

株式会社ちょびリッチ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR