ゼネラルヘルスケア株式会社、RSSマーケティング株式会社と業務提携

ライフサイエンス・ヘルスケア関連企業を中心に、SEO対策ツールを提供

ゼネラルヘルスケア株式会社 2008年01月25日

ゼネラルヘルスケア株式会社(以下GHと省略)は、医療分野を含めたバイオ・ヘルスケア分野の法人に対し、末端顧客から評価されるためのホームページの活用を提案して参りました。一方、RSSマーケティング株式会社(以下RSSマーケティングと省略)は、先進的なRSS技術を企業のマーケティングに活かすためのツール提供を行っており、それを活用した外部SEO対策として効果的なサービスを提供しておりました。今回の事業提携により、GHは自社リソースによる内部SEO対策に加え、RSSマーケティングによる外部SEO対策が可能となり、これまで以上に効果的な総合的SEOサービスを提供できるようになりました。

ゼネラルヘルスケア株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:竹澤慎一郎)は、RSSマーケティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役: 鈴木雅臣)とSEO対策ツールの販売に関し代理店契約を締結し、自社での内部SEO対策とRSSマーケティング株式会社による外部SEO対策を合わせたサーチエンジンでの上位表示サービスパッケージが実現し、特に医療やバイオ・ヘルスケア業界でのサービス提供をさらに加速いたします。

※ライフサイエンス・ヘルスケア関連企業以外の企業様へのご提供ももちろん可能です。
あらゆる業種・業態の企業様からのお問い合わせをお待ちしております。

 
【提携内容】
GHは、主に医療分野を含めたバイオ・ヘルスケア分野の法人に対し、インターネットを活用した集客のためのホームページ戦略を、ホームページの企画提案、最新サービスの導入支援など、企画、制作、保守など一貫して提供し、総合的なWebコンサルティングサービスを実現しています。技術の先端性に比べ、インターネットの活用の遅れた同分野に、先進的なインターネットアプリケーションをASPサービスとして導入することを基本方針として事業展開しており、これまでにも複数のASPサービス企業との提携を進めて参りました。
RSSマーケティングは、RSS技術を核とした様々なWebサービスを提供しており、SEO ADというテキスト広告配信サービスを提供しておりました。
そこで、GHではクライアントに対し、主に内部SEO対策を施したうえで、RSSマーケティングのSEO ADを活用し、外部SEO対策を強化することが可能となりました。
特にヘルスケア分野ではSEO対策上、競争の激しいキーワードが多いため、同サービスには大きな期待が寄せられます。

【サービス内容】
内部SEO対策Webコンサルティング[調査](GH)¥42,000円~
Webコンサルティング[内部対策](GH)¥42,000円~
(ページ数などに依存するので、お見積もりが必要です)
外部SEO対策 SEO AD(RSSマーケティング) 4週間あたり ¥42,000円(税込)

【お問い合せ先】
ゼネラルヘルスケア株式会社
マーケティンググループ
TEL: 03-5639-9121(平日9:00~18:00)
メールでのお問い合せはこちら
(リンク »)

■ゼネラルヘルスケア株式会社について
会社名:ゼネラルヘルスケア株式会社(GH)
英文名:General Healthcare Inc.
設立:2007年1月29日
事業内容:ヘルスケア・ライフサイエンス領域における各種 Webソリューションの提供。自由診療系医療機関に関する情報サイトの構築、運営。管理栄養士による栄養コンサルティングおよび医療保健プログラムの提供。
株式:非公開
所在地:東京都江東区白河1-3-34
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ゼネラルヘルスケア株式会社の関連情報

ゼネラルヘルスケア株式会社

ゼネラルヘルスケア株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから