結婚式のBGMにピッタリの曲は何? 掃除がはかどる曲は何? テスト勉強のときに集中できる曲は? シチュエーション別に聞きたい曲を教えあうコミュニティ 『Music TimeLine』 TSUTAYA onlineでスタート!

株式会社ツタヤオンライン 2008年02月05日

株式会社ツタヤオンライン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:日下 孝明)が運営する総合エンターテインメント情報サイト『TSUTAYA online』では、“音楽”を通じてユーザー同士が情報を発信し、知ることができる音楽コミュニティ『Music TimeLine』を、2008年2月5日(火)よりサービス開始いたしました。

『Music TimeLine』(以下、本サービス)は、ユーザーが心の中にしまい込んでいる大切な曲や思い出の曲、お勧めの曲に対して、特定のキーワード(タグ)を設定し、その曲のレビューを書きためていくことで、自分の思い出の“音楽”を他のユーザーに発信し、作られていくコミュニティです。

毎日生活をしていると、嬉しい瞬間や楽しい瞬間、悲しい時や落ち込んだりする時が誰にでもあり、そんな時、フッと自分の感情にぴったりフィットした音楽を聞きたくなりますが、それがどういう曲だったのかすぐには思い出せないものです。本サービスは、そんな日常の中にさり気なく溶け込んでいる“音楽”を、キーワードで入力し、検索することで、他のユーザーが書きためたレビューから、その状況・雰囲気にあった曲を探し出すこともできます。

本サービスは、”音楽“をキーに、記憶を呼び覚ますことができるようなコミュニティ、様々なユーザーの”音楽“に対する思い出で溢れたコミュニティを提供しています。


【主な特徴】
■誰でも使える簡単なコミュニティ
TSUTAYA会員やTSUTAYA onlineメンバーに関わらずどなたでもご利用可能です。
本サービスに登録すると、簡単なプロフィール付きのマイページと、曲レビューを作成することができます。
また、探したいイメージの曲をキーワードで入力するだけで検索ができる、シンプルなサービスです。

■作品情報のリッチ化
レビュー登録されている作品は、『TSUTAYA online』の作品データベースと連携することで、CDのジャケット写真や制作年、アーティスト情報を閲覧することができます。
また、今後は曲の試聴機能の搭載も予定しています。

■オンラインショッピングサービスとの連携
レビューを見て気に入った曲は、作品情報ページに表示されている「購入する」ボタンをクリックすると、『TSUTAYA online』のオンラインショッピングサービス「Shop.TOL」からすぐにCDを購入することが可能です。

本サービスでは、エンターテインメントに精通した『TSUTAYA online』のサービス利用者に対して、ユーザーニーズにマッチしたサービスをスピーディに開発するために、オープンソースのWebアプリケーション・フレームワークである「Ruby on Rails(ルビー・オン・レイルズ)」を採用しました。その他、スムーズにサービスを利用できる環境を提供するため、Webインターフェイスではリッチクライアント開発技術であるAjaxを使用しています。

今後は、本格的な「TimeLine」として、ユーザー自身の音楽に対する歴史を振り返ることができる年表機能と、そこで作成された年表を友だちや仲間に公開できるブログパーツ機能を、2008年春頃に実装予定をし、“音楽”を通してユーザーの生活を充実させ、また“音楽”の思い出を記録できるコミュニティ作りを目指しています。

ツタヤオンラインは、音楽や映像といったエンターテインメント・コンテンツをより一層活用させて、『TSUTAYA online』というWebプラットフォームを通じて、これからもお客様に「楽しい」時間を提供してまいります。


■サービス名称: Music TimeLine(ミュージック・タイムライン)
■サービス開始: 2008年2月5日(火)
■利用料金: 無料
■URL: (リンク ») (パソコンのみ)

用語解説

Ruby on Rails(ルビー・オン・レイルズ)
David Heinemeier Hansson氏が開発した、オープンソースとして公開されているWebアプリケーション・フレームワーク。アプリケーションの開発に伴うコーディング量が少ないため、プログラミングの容易さと開発スピードがあがることで注目されている。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ツタヤオンラインの関連情報

株式会社ツタヤオンライン

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?