M-Root DNSサーバのIPv6アドレスがルートゾーンに登録、IPv6でのDNS検索が可能に -IPv6への移行に拍車--

株式会社日本レジストリサービス 2008年02月05日

2008年2月5日発表
報道関係者各位
                       株式会社日本レジストリサービス(JPRS)
                      WIDEプロジェクト


M-Root DNSサーバのIPv6アドレスがルートゾーンに登録、IPv6でのDNS検索が可能に
                    -IPv6への移行に拍車-           


 WIDEプロジェクト(代表:学校法人慶應義塾常任理事 兼 慶應義塾大学環境情
報学部教授 村井純)と株式会社日本レジストリサービス(以下JPRS、本社:東
京都千代田区、代表取締役社長:東田幸樹)は、WIDEプロジェクトが運用責任を
担い、WIDEプロジェクトとJPRSが共同運用しているM-Root DNSサーバのIPv6アド
レスが、2008年2月4日(米国時間)、IANAによってAAAAレコードとしてルートゾ
ーンに登録されたことを発表しました。今回の登録によりIPv6によるルートゾー
ンのDNS検索が可能となり、IPv6のさらなる普及に弾みがつくことになります。

 M-Root DNSサーバは、全世界に13あるルートサーバの一つで、WIDEプロジェク
トが1997年8月にアジア太平洋地域で唯一のルートサーバとして運用を開始しま
した。その後、IP Anycast技術によるサーバの増設を行い、現在では日本(東京
に3拠点)、韓国(ソウル)、フランス(パリ)、米国(サンフランシスコ)に
それぞれ拠点を有し、関係IXおよび関係ISPの援助を受けて、JPRSと共同運用を
行っております。

 M-Root DNSサーバでは、2003年に他のルートサーバに先駆けた形でDNSサービ
ス専用のIPv6アドレスの割り当てを受け、IPv6による実験運用を行ってきました。
このたび、M-Root DNSサーバのIPv6アドレスである 2001:dc3::35 がルートゾー
ンにAAAAレコードとして登録されたことにより、IPv6のみを用いたルートゾーン
のDNS検索が可能となり、あと2年程度といわれているIPv4アドレスの在庫枯渇を
控え、IPv6のさらなる普及に弾みがつくものと期待されています。

 WIDEプロジェクトとJPRSでは今後も国内外のDNSサーバ運用者等と協力し、イ
ンターネットコミュニティや社会のニーズに応えるべく、インターネット全体の
さらなる発展と安定運用に努めてまいります。


■用語解説

※Root DNSサーバ

 ドメインネームシステム(DNS)の階層構造における最上位の情報を管理する
ネームサーバ群のことを指します。Root DNSサーバには、A.ROOT-SERVERS.NETか
らM.ROOT-SERVERS.NETまでの13のホスト名が付けられており、これらが、インタ
ーネット上のあらゆるドメイン名を利用可能にするために核となる情報を提供
しています。

 ●現在のRoot DNSサーバの運用組織一覧: (リンク »)


※IANA (Internet Assigned Numbers Authority)

  (リンク »)
 インターネットのアドレスや関係する数多くのプロトコルで用いられている各
種番号の割り当てや管理、DNS のルートゾーンの管理を行う機能で、現在はICAN
Nによって運営されています。IPv4/IPv6 アドレスに関しては、APNICなどの地域
レジストリを対象に割り振り業務を行っています。


※ICANN (Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)
  (リンク »)

 インターネットの各種資源を全世界的に調整することを目的として、1998年10
月に設立された民間の非営利法人です。 IP(インターネットプロトコル)アド
レス空間の割り振り、プロトコル識別子の割り当て、gTLD(generic Top-Level
Domain:分野別トップレベルドメイン)および ccTLD(country code Top-Level
Domain:国コードトップレベルドメイン)の名前システム管理、さらにルートサ
ーバのシステム管理を行っています。


※AAAAレコード(クワッドエーレコード)

 AAAAレコードは、あるドメイン名に対応するIPアドレスを指定するDNSレコー
ドです。DNSキャッシュサーバはDNSサーバ情報としてAAAAを参照することで、
IPv6によるDNS検索を行うことができます。RFC3596 参照。


■株式会社日本レジストリサービス(JPRS)
(リンク »)
(リンク ») レジストリサービス.jp/

 JPドメイン名の登録・管理、およびドメインネームシステム(DNS)の運用を
行う会社として2000年12月26日に設立。JPRSはネットワークの基盤を支える企業
として、インターネットの発展に寄与し、人と社会の豊かな未来を築くことに貢
献することを企業理念として活動しています。


■WIDEプロジェクト
(リンク »)

 インターネット関連技術の実践的な研究開発を行う研究コンソーシアムで
1988年に活動を開始し、100社を超える企業組織および40大学などと幅広い分野
で共同研究を行っています。


■本件に関するお問い合わせ先

 株式会社日本レジストリサービス(JPRS)広報宣伝室
 TEL:03-5215-8451 FAX:03-5215-8452
 e-mail: press@jprs.co.jp
  (リンク »)
  (リンク ») レジストリサービス.jp/
 〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-1千代田ファーストビル東館13階

 WIDEプロジェクト 広報担当
 TEL:0466-49-3618 FAX:0466-49-3622
 e-mail:press@wide.ad.jp
 〒252-8520 神奈川県藤沢市遠藤5322
 慶應義塾大学SFC研究所 ΔN109

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社日本レジストリサービスの関連情報

株式会社日本レジストリサービス

株式会社日本レジストリサービスの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?