CSRとMotorola、ロケーション テクノロジーの発展と向上のために、EGPSフォーラムを設立

CSR Plc 2008年02月05日

CSR plc とMotorola社は、本日、enhanced Global Positioning System(EGPS)テクノロジー開発・普及の促進を目指すオープンな業界フォーラム、「EGPSフォーラム」を設立することを発表。モバイル デバイスへのEGPSテクノロジーの搭載は、GPS機能を強化し、難しい環境下でも位置情報のタイムリーかつ正確な提供を可能にする。EGPSフォーラムは、モバイル デバイスに搭載されるロケーション テクノロジーの向上を促進し、正確で一貫したレベルの位置情報を求めるエンドユーザーの要求や、規制上のニーズを満たせるよう取り組む。

現在実用化されているロケーション テクノロジーは、携帯電話で幅広く使用することを前提とした、エンドユーザーの基本的なニーズや最低限の規制要件は満たしている。しかし、高付加価値の商用サービスでは、ポータブル デバイスの限られた電力の範囲内で(たとえ屋内でも)信頼性の高い位置情報を、迅速に提供できるロケーション テクノロジーが必要。また、緊急サービスにおいても、屋内での正確な位置情報の取得が不可欠。EGPSフォーラムの目標は、GPSを強化して、これらの高度な要件を満たすテクノロジーを普及させること。

EGPSフォーラムは、端末メーカー、ロケーション テクノロジー企業、ネットワーク インフラ プロバイダ、モバイル ネットワーク キャリアなど、通信業界の多岐にわたる組織が参加できるように門戸を開く予定。フォーラムの最初の活動は、セルラー ネットワークを活用した時間計測と衛星計測を組み合わせ、GPSを強化するハイブリッド テクノロジーを評価することと、このテクノロジーの完全な相互運用性を確保するために必要な、ベースとなるインフラを確立すること。

CSR社、ロケーション ビジネス ユニット担当VP、Stuart Stricklandは、「CSRは、エンドユーザーやポータブル デバイス メーカーの皆様のニーズを満たす、統合型ロケーション テクノロジーの実現に向けて努力しています。Motorola社のような業界のリーダーとともにEGPSフォーラムで活動することにより、当社独自のEGPSテクノロジーの可能性をフルに発揮できるようになれば幸いです」とコメント。

Motorola社、モバイル デバイス事業 デバイス テクノロジー エンジニアリング担当VP、Kevin Coleは、「Motorolaは、長年にわたって、自社のモバイル デバイスに革新的なロケーション ベース テクノロジーを搭載してまいりました。2008年には、モバイル ロケーション サービスがさらに注目を集めることでしょう。当社は、こうした中で、CSR社などの業界のリーダーと協力してこのテクノロジーを発展・普及させられるよう前向きに取り組んでまいります」と語った。

CSRとMotorolaは、EGPS の実証実験および性能テストの準備を2008年第1四半期に完了する予定。

シーエスアール株式会社
深田 学
E-mail:prjp@csr.com

このプレスリリースの付帯情報

EGPS

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

CSR Plcの関連情報

CSR Plc

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから