アドバタイジングドットコム・ジャパン、新サービス『Advertiser LeadBack(R)』を開始 オンライン広告ネットワークを利用した効果的な新手法 行動リターゲティング広告

アドバタイジングドットコム・ジャパン株式会社 2008年02月07日

From PR TIMES

アドバタイジングドットコム・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高橋正憲、以下アドコム)は、行動リターゲティング広告の新サービス「Advertiser LeadBack(R)」(アドバタイザー・リードバック、以下「リードバック」)の提供を2008年2月7日から開始します。

「リードバック」は、広告主サイトに訪問したことがあるユーザーが、Advertising.com Network(アドバタイジングドットコム・ネットワーク、以下アドコムネットワーク)内のWebサイトを訪問した際に、再び広告主サイトを訪問するよう効果的かつ優先的に広告配信を行うサービスです。ユーザーをより高い精度で広告主のサイトへ誘導し、購買、申込といった成果へと導くことができる行動リターゲティング・ツールです。

広告主のサイトへ訪問した経験があるユーザーは、広告主のサービス、商品に興味・関心を抱いている可能性が高いと考えられます。「リードバック」では、過去に広告主サイトに訪問していながら、まだ、購買、申込といったアクションに至らなかったユーザーに対し、広告主サイトへの“再訪問を促す”つまり“lead back(リードバック)する”ことで、広告主が求める成果に効果的に近づけることが可能となります。

「リードバック」には、米国において大きな成功を収めている、米国Advertising.com Inc.のLeadBack(R)テクノロジーを用いています。

アドコムネットワークの概要:
視覚効果に優れるディスプレイ型広告(バナー広告枠)を大手法人サイト中心にネットワーク化し、2007年5月にサービスを開始しました。インプレッション型と成果報酬型(クリック課金、アクション成果課金)の二つのサービス体系を備え、配信先の最適化技術を駆使した様々なメニューで広告主様のニーズに応えるアドネットワークです。2007年12月現在、月間約6.5億インプレッション、約1,750万人のユニークユーザー/月を有する日本でも有数のアドネットワークです。

また、Advertsing.com Inc.(本社:米国メリーランド州ボルチモア)は、全米において約85%のインターネット人口へのリーチ(広告到達率)を誇る全米最大のアドネットワーク運営者であり、イギリスを始めとした欧州各国でも同様の展開をしています。

アドバタイジングドットコム・ジャパンの会社概要:
社名: アドバタイジングドットコム・ジャパン株式会社
( (リンク ») )
本社: 東京都千代田区神田錦町3-26 一ツ橋SIビル10階
設立: 2006年12月1日
資本金:7億円(払込資本金)
株主: 三井物産株式会社 、Advertising.com, Inc. 
代表者:代表取締役社長 高橋 正憲


本件についての問い合わせ先: 
営業に関するお問い合わせ:
アドバタイジングドットコム・ジャパン株式会社 セールスチーム竹谷直彦 info@jp.advertising.com

報道に関するお問い合わせ:
アドバタイジングドットコム・ジャパン広報代理
宇於崎(うおざき、エンカツ社) TEL.03-5776-2566 e-mail:press@enkatsu.jp
石川(パブリシティビューロー)Mobile: 090-8940-1683 TEL.03-5541-6809

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アドバタイジングドットコム・ジャパン株式会社の関連情報

アドバタイジングドットコム・ジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから