グループウェア「イーデスク3」ベンチャープランを発表

イー・デスク株式会社 ( http://edesk.jp/ ) グループウェア「イーデスク3」ベンチャープランを発表 ベンチャー企業に朗報! 初回限定、100ユーザー2GBまでを無料で提供

イー・デスク株式会社 2008年02月13日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ イー・デスク株式会社 グループウェア「イーデスク3」ベンチャープランを発表 ベンチャー企業に朗報! 初回限定、100ユーザー2GBまでを無料で提供 ASPグループウェア標準機能完備/複数組織一元管理/強力なファイル管理機能 日本商工会議所青年部 公式グループウェア(約400組織3万経営者の運用実績) http://edesk.jp/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

報道機関各位



プレスリリース
2008年2月13日
イー・デスク株式会社
代表取締役 森重善隆



イー・デスク株式会社(所在地:千葉県柏市 代表取締役 森重善隆)は、
グループウェア「イーデスク3」のベンチャープランを2008年2月13日から発売します。


設立して間もないベンチャー企業を支援するため、
初回に限り、グループウェア「イーデスク3」を無料で提供します。


ベンチャーはこれからの日本を変えていくうえで欠かせない存在です。
私たちもベンチャーとして頑張っており、同じベンチャーを少しでも支援・活性化
できないかと考えております。


また、グループウェアの社内普及の課題もベンチャーには存在せず、
スムーズな導入が期待できます。


ぜひ、業務の効率化に役立ててください。



【料金体系】

タイプ:ASPサービス
初期費用:0円
基本料金:月額0円/年額0円


契約期間:1年
初期ユーザーアカウント:100人
初期データ容量:2GB
管理組織作成数:契約ユーザーアカウント数内で無制限
メールアドレス作成数:契約データ容量内で無制限


追加ユーザーアカウント:100人単位で月額2000円
追加データ容量:1GB単位で月額500円


※上記料金には消費税が含まれています。
※追加オプションは、購入後に専用ページからお申し込みできます。
※次回契約更新時から「イーデスク3」の料金体系となります。



【対象範囲】

・設立3年以内の企業


※設立日の自己申告制で、面倒な手続きは必要ありません。



【製品の特長】

当社が提供する「イーデスク3( (リンク ») )」は、
ASPグループウェアとしての標準機能を完備しております。もちろん携帯電話にも
対応しております。また、Outlookとのデータ互換も可能です。


特長として、WebDAVを用いた強力なファイル管理機能や複数組織の一元管理
があります。これにより、取引先などの外部組織を巻き込んだプロジェクト単位
でのダイナミックな利用ができます。


そして何より、日本商工会議所青年部の公式グループウェアとして、
約400組織3万経営者の運用実績がありますので、安心してご利用いただけます。



【イー・デスク株式会社とは】

新しい社会に必要な「個人に適切な情報を判断・提供するシステム」を創ります。


<主な業務内容>
●グループウェアの開発
●グループウェアのASPサービス提供
●グループウェアの受託カスタマイズ
●グループウェアのソースコード販売
●グループウェアの導入コンサル
●メールに強いレンタルサーバーの提供
●Webシステムのスペシャリストによる受託開発



【本件の連絡先】

イー・デスク株式会社
代表取締役 森重善隆
電話 050-5532-7040
メール (リンク »)
ウェブサイト (リンク »)
〒277-0005千葉県柏市柏3-3-4小倉ビル2F


以 上

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

イー・デスク株式会社の関連情報

イー・デスク株式会社

イー・デスク株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから