「フィリピン移動体通信市場の予測」を販売開始

市場環境・キャリアのサービスを中心に

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 2008年02月14日

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、株式会社ROA Groupが提供する調査レポート「フィリピン移動体通信市場の予測」の販売を開始しました。

報道関係者各位

平成20年2月14日
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
(リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー、
「フィリピン移動体通信市場の予測」を販売開始

~市場環境・キャリアのサービスを中心に~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、株式会社ROA Groupが提供する調査レポート「フィリピン移動体通信市場の予測」の販売を開始しました。

詳細ページ: (リンク »)


■■ 資料概要 ■■

【エグセクティブサマリー】

レポートガイドライン
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
フィリピンは国土の特性上、インドネシア市場と似通ったところがあり、有線通信よりもSMS基盤の移動体通信が発展しています。現在の移動体通信加入者数は、人口の60%ほどに達する約5,500万規模となっており、主な事業者2社であるPLDTのSmart Communicationsと老舗財閥であるAyala グループ傘下のGlobe Telecomで80%以上のシェアを占め、伯仲の勢力図となっています。

フィリピンの移動体通信加入者規模は今後、約15%の年平均成長率で伸びていき、2010年には7,300万人まで成長すると予想されます。その背景としては、主要キャリア2社の競争によってサービス品質の向上が急速に進み、有線通信の普及が思うように進まない状況からモバイルブロードバンド市場の拡大が期待されることが主な根拠として挙げられます。同時に英語という言語的な壁を感じないインターネットユーザー層が多いため、英語圏のコンテンツを楽しもうとするユーザーを中心に、モバイルネットワークによるインターネットユーザー数も急速に伸びていくことが考えられます。

フィリピンの移動体通信サービスのもう一つの特徴は、海外で働く人達がフィリピン国内へ送金することで国全体の経済に与える影響が非常に大きく、この海外勤労者を対象としたモバイルサービスが活性化されている点です。この顧客層は今後もキャリアの売上アップに貢献するターゲット層になるとみられ、現在のローミングサービスや送金サービスなどがさらに発展した形で市場に出てくることが考えられます。

本レポートは2007年からROA Groupが提供している東南アジアの国別の移動体通信市場を分析するシリーズレポートのフィリピン版です。ROA Groupは、東南アジアの移動体通信市場の発展性及び潜在力の分析を続けるにあたり、今後毎年国別(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、ベトナム、タイ、ミャンマー、カンボジア、ラオス)にレポートを発刊していく予定です。このシリーズレポートは、今後3年間の市場規模の拡大を予測するところに重点を置いて分析・研究を行っていく予定となっています。

本レポートのメインは、最近成長が著しいフィリピンの移動体通信市場規模を予測する部分です。ROA Groupは市場規模データの時系列分析と合わせて、今後の市場環境や規制、政策、技術発展、そしてキャリアの戦略を中心に、市場が拡大していく要素を分析しながら予測を行いました。


■■ 資料目次 ■■

エグゼクティブサマリー

1 フィリピンの市場環境
 1-1 フィリピンの経済環境
 1-2 所得増加動向
 1-3 外国人投資及び輸出の急増
 1-4 主な経済政策

2 フィリピンの情報通信市場の概況と政策
 2-1 フィリピンの情報通信市場の概況
 2-2 通信産業の政策

3 フィリピンの移動体通信市場
 3-1 フィリピンの移動体通信市場の成長とその規模
 3-2 移動体通信市場の主なキャリア分析
  3-2-1 Smart CommunicationsとPiltel
  3-2-2 Globe Telecom
  3-2-3 Sun Cellular

4 フィリピンの移動体通信市場の予測と結論
 4-1 フィリピンの移動体通信市場の加入者規模の予測(2007年~2010年)
 4-2 結論


■■ 図目次 ■■

[図1-1]フィリピンGDP成長動向(2001年~2006年)
[図1-2]フィリピンの海外勤労者送金額、外国為替保有高、GDP動向
    (2001年~2006年)
[図3-1]フィリピンの移動体通信キャリア別の加入者規模
    (2001年~2007年(E))
[図3-2]Smart Communications及びPiltelのARPU推移(2006年1Q~2007年3Q)
[図3-3]Globe TelecomのARPU推移(2006年1Q~2007年3Q)
[図4-1]フィリピンにおける移動体通信市場の規模予測
    (2007年(E)~2010年(E))


■■ 表目次 ■■

[表2-1]年度別の電話普及率(100人当たりの電話回線数)
[表2-2]主な電話サービス会社別の回線数
[表2-3]IT団地別の主な入所企業
[表3-1]3大移動体通信キャリアの料金プランと携帯電話機の価格比較
[表3-2]Smart Communicationsの主な子会社
[表3-3]Smart Communications及びPiltelの主なサービス
[表3-4]Globe Telecomのコンシューマ向け移動体通信サービスの一覧


■■ 概要 ■■

資 料 名:フィリピン移動体通信市場の予測
発 刊 日:2008年2月
発   行:株式会社ROA Group
調査・制作:株式会社ROA Group
販   売:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
判   型:A4カラーコピー印刷・38頁
価   格:
    ■ハードコピー版
     73,500円(税抜70,000円+消費税3,500円)別途送料500円
    ■CD-ROM(PDF)版
     73,500円(税抜70,000円+消費税3,500円)別途送料500円
    ■ハードコピー+CD-ROM(PDF)版
     76,650円(税抜70,000円+消費税3,650円)別途送料500円

※本商品はご購入手続き完了後、株式会社ROA Groupより直接送付いたします。
 商品発送のために送り先を株式会社ROA Groupに連絡いたしますことをご了
 承ください。

詳細ページ: (リンク »)


【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■

・設 立 :1995年10月
・資 本 金:257,916,250円
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L: (リンク »)
・連 絡 先:〒107-0052
      東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
      TEL:03-3560-1368 / FAX:03-3560-1330
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒107-0052
東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
TEL: 03-3560-1368 / FAX: 03-3560-1330
担当:安田
info@shop.ns-research.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の関連情報

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR