携帯電話による商取引は2011年までに5870億ドルに達する

株式会社データリソース 2008年02月14日

英国調査会社ジュニパーリサーチ社はの調査レポート「携帯電話向け支払サービス市場調査:モバイルバンキングとモバイル決済 2007-2011年 ―Mobile Financial Services:Banking & Payment Markets 2007-2011」のプレスリリースにおいて、2011年までに2億400万人のモバイルユーザがモバイル機器を用いた支払いサービス(MFC)を利用し、取引金額は220億ドルになるという予測結果を発表した。

銀行やモバイルオペレータが提供する携帯電話による金融サービスが急増し、2011年までには、6億1200万人以上の携帯電話ユーザが、5870億ドル以上利用するようになるだろうと、英国調査会社ジュニパーリサーチ社の調査レポート「携帯電話向け支払サービス市場調査:モバイルバンキングとモバイル決済 2007-2011年 ―Mobile Financial Services:Banking & Payment Markets 2007-2011」は報告する。

モバイル決済サービスは、インターネットバンキングサービスが急増した1990年代の'ゴールドラッシュ'と同じ様に普及しはじめている。金融サービスの'第4のスクリーン'(ポケットの中のATM)は、モバイルユーザーが銀行に行かなくても、移動中に支払いを済ませることができる。

この調査レポートは、モバイルユーザーの金融サービス利用には非常に大きな可能性があり、かつてATMが金融市場において、銀行サービスや現金取引に関して変化を起こしたと同様の大きな革命の端緒についたばかりであると述べている。ATMが完全に展開するには20年かかった。

この調査レポートはモバイル金融サービス(Mobile Financial Services)を、モバイルバンキングとモバイル支払いの2つに分けている。モバイル支払いは、2011年までに2億400万人のモバイルユーザが利用し、220億ドルと予測される。出稼ぎ労働者が自国の家族に海外送金する場合でも、ロンドンの通勤者が地下鉄料金の支払いをする場合でも、世界のあらゆる地域でモバイル決済サービスの成長のサンプルが上げられる。

調査レポートの著者であるAlan Goode氏は、「利用者と、高度なアプリケーションやサービスを提供するモバイル金融サービスのエコシステムのあらゆるセクターにおいて需要が高まり、創造的で実践的な環境が整いつつある」と述べている。

ジュニパーリサーチ社は、モバイル金融サービス産業における主要な企業や組織のインタビュー、ケーススタディ、分析から、この市場の現状と将来像を描きだしている。

[調査レポート]
携帯電話向け支払サービス市場調査:モバイルバンキングとモバイル決済 2007-2011年
Mobile Financial Services
Banking & Payment Markets 2007-2011
(リンク »)

ジュニパーリサーチ社(Juniper Research)について
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

地域別モバイル支払市場 2007-2011

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR