CSRのRadioProのデザイン、NTEEPのインターネット ラジオ モジュールに採用

モジュールによる柔軟なインターネット ラジオ ソリューションの市場投入が11週間で可能に

CSR Plc 2008年02月14日

CSR とNamTai Electronic & Electrical Products Limited社(以下、「NTEEP」)は、本日CSRのWi-FiシングルチップUniFi-1をベースに開発された、「RadoPro」のサンプルデザインがNTEEPのインターネット ラジオ モジュールに採用されたことを発表。NTEEPは、同サンプルデザインを採用することにより、インターネット ラジオ モジュールをわずか11週間で市場に投入できるようになる。

NTEEPは、CSRの低コストなインターネットラジオ開発用サンプルデザイン、RadioProを採用することによって、ポータブル メディア プレイヤー(PMP)、DABラジオ、デジタル フォト フレーム、VoWi-Fi電話などの数多くの製品へのWi-Fi機能の提供を実現すると同時に、調整が容易、かつ柔軟性に優れたモジュールを生産できるようになる。完全なハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを包括的に統合するNTEEPモジュールには、マイクロストリップ アンテナ、PA、LNAがそれぞれ内蔵。開発者は、希望に応じて外部アンテナを追加することが可能。CSRのRadioProは、Wi-Fi経由によるインターネット ラジオのワイヤレス ストリーミングを実現し、成長著しい市場にOEMが素早く参入できるようにする。

CSRのUniFiは、市場で入手可能なWi-Fiソリューションの中でも最低消費電力を実現し、わずか5.8×6.4mmという極小サイズのチップ スケール パッケージ(CSP)を特徴としている。これによって、NTEEPは、インターネット ラジオ モジュールをわずか40mm×40mm×2.85mmのフォーム ファクタで生産することが可能。本モジュールは、大量かつ効率的に生産する場合にも、SMT装置を使って直接マウントすることができる。

RadioProは、1500mAHバッテリを使用しており、最大25時間のアクティブ ストリーミング時間を誇る。RadioProは、高性能な2.4GHz無線、ベースバンド プロセッサ、メディア アクセス コントローラ(MAC)を内蔵したUniFiのほかに、必要なあらゆるハードウェア ドライバやソフトウェア開発キット(SDK)が含まれているので、インターネット ラジオを迅速に低コストで開発、市場に投入することが可能。

NTEEP社、CEO、Karene Wongは、「当社では、最新のトレンドに対応するために、新しい製品を市場に素早く投入するよう努力しています。インターネット ラジオは、適切に導入されれば、大きなビジネスチャンスを生み出します。CSR社のRadioProのデザインは、シンプルで利便性に優れています。当社は、低コストで高品質なインターネット ラジオ モジュールをタイムリーに市場投入することが可能となり、当社のお客様も、これを活用してビジネスチャンスをとらえることが可能になりました」とコメント。

CSR社、コンスーマ ビジネス ユニット担当VP、Tracy Hopkinsは、「NTEEP社製のインターネット ラジオ モジュールは、当社のRadioProをベースにした模範的な製品例の1つと言えます。このリファレンス デザインは、クラス最高の機能を提供しながら、新しく多様なアプリケーションを簡単かつ迅速に実現します」と述べた。

本件に関する問い合せ先

シーエスアール株式会社
深田 学
E-mail:prjp@csr.com

このプレスリリースの付帯情報

NTEEP

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

CSR Plcの関連情報

CSR Plc

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR