ファンタジーMMORPG「夢世界-武林外伝-」ゲームガイド【クラン戦】のご紹介

株式会社シーアンドシーメディア 2008年02月19日

From DreamNews

この度、オンラインゲームポータルサイト「MK-STYLE」を運用する株式会社シーアンドシーメディア(本社:東京都新宿区、以下:C&Cメディア)は、北京完美時空網絡技術有限公司(本社:中国、以下:完美時空)が開発し、C&Cメディアが日本国内において運営する、ファンタジーMMORPG「夢世界 -武林外伝-」(以下、夢世界)公式サイトにおいて、【クラン戦】の情報を公開した事をお知らせいたします。

この度、オンラインゲームポータルサイト「MK-STYLE」を運用する株式会社シーアンドシーメディア(本社:東京都新宿区、以下:C&Cメディア)は、北京完美時空網絡技術有限公司(本社:中国、以下:完美時空)が開発し、C&Cメディアが日本国内において運営する、ファンタジーMMORPG「夢世界 -武林外伝-」(以下、夢世界)公式サイトにおいて、【クラン戦】の情報を公開した事をお知らせいたします。

今回は、夢世界での楽しみ方の一つである、クランを結成し大人数での対人戦を楽しむことができる【クラン戦】のシステムについてご紹介いたします。


【クラン戦】は、プレイヤー対プレイヤーの戦闘を大人数で行うことを可能にし、さらに夢世界では最大400人対400人もの大規模な対人戦を行うことができますので、プレイヤー対モンスターの対戦では物足りない方や、仲間同士で協力して戦いたい、競い合いたいといった方に楽しんでいただくことができます。


【クラン戦】を通じて、夢世界の仲間との絆をより深めよう!!

2008年2月22日(金)開始のオープンβテストでは、たくさんの方のご参加を心よりお待ち申し上げております。



◆2月22日(金)いよいよ夢世界オープンβテストスタート

・公式サイトはコチラ⇒(  (リンク »)  )

・【クラン戦】の詳細はコチラ⇒(  (リンク »)  )



◆夢世界とは                                    

『夢世界』とは、前作、パーフェクトワールドの豊富なシステムと、かわいい2D風なキャラクター・簡単操作・低スペックPCで遊べる、本格派カジュアルMMORPGです。

 本タイトルは、「パーフェクトワールド」の製作チームである完美時空により製作された第2作目として、中国で最大同時接続数50万人を記録し、パーフェクトワールドから引き継いだ豊富なシステム機能と独自のグラフィック機能を兼ね備え、オンラインゲーム初心者の方から上級者の方まで幅広い層の方にお楽しみいただける要素が多く詰まっております。また、オリジナル機能として、「騎乗中の戦闘」、「結婚システム」、「変身システム」、「ジョブチェンジ(転職)システム」などの様々な機能が実装されており、ゲームを進める度に楽しみ方が広がっていきます。
※『夢世界 -武林外伝-』では、コンセプトと致しまして"武侠"という言葉を使用しないことと致しました。『夢世界 -武林外伝-』の持つ"ファンタジー" や"冒険"などの世界観やイメージを保つことが理由となっております。



■『MK-STYLE』とは  (リンク »)

オンラインゲームポータル「MK-STYLE」は、MMORPG(多人数同時参加型オンラインRPG)の草分け的作品である「プリストンテール」、世界最高峰の自由度を誇るMMORPG「パーフェクトワールド -完美世界-」の運営を行っております。

また、新規展開タイトルとして「パーフェクト ワールド -完美世界-」の製作チームが手がけ、中国において最大同時接続数50万人を記録した「夢世界 -武林外伝-」のサービスを予定いたしております。

独自の会員を保有し、共通通貨である「MKポイント」をご提供することで、複数オンラインゲームの通貨を統一化、会員限定コンテンツのサービスを展開いたしております。



■『株式会社シーアンドシーメディア』について  (リンク »)

シーアンドシーメディアではオンラインゲームのプラットフォームとして、ポータルサイト「MK-STYLE」の企画、運営を行っております。

MK-STYLEを通じ、当社保有タイトルを中心にオンラインゲームパブリッシング事業を展開、また複合カフェ様のネットワークを通じ、オンラインゲーム等のパブリッシング事業も展開しております。


【事業内容】

C&M(クリック&モルタル)モデルオンラインゲームポータルサイト「MK-STYLE」の

企画、運営

オンラインゲームパブリッシング

ネットカフェパブリッシング(ネットカフェ向けオンラインゲームパブリッシング)

その他オンラインゲーム関連事業




■コピーライト

(C)北京完美時空網絡技術有限公司 2008 ALL RIGHTS RESERVED.

Copyright (C) 2008 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved.



■本件に関する報道関係者様からのお問い合わせ先


株式会社シーアンドシーメディア 広報担当
E-mail:info@cc-media.co.jp
TEL:03-3235-1402 FAX:03-3235-1421




◆夢世界とは                                    



『夢世界』とは、前作、パーフェクトワールドの豊富なシステムと、かわいい2D風なキャラクター・簡単操作・低スペックPCで遊べる、本格派カジュアルMMORPGです。



 本タイトルは、「パーフェクトワールド」の製作チームである完美時空により製作された第2作目として、中国で最大同時接続数50万人を記録し、パーフェクトワールドから引き継いだ豊富なシステム機能と独自のグラフィック機能を兼ね備え、オンラインゲーム初心者の方から上級者の方まで幅広い層の方にお楽しみいただける要素が多く詰まっております。また、オリジナル機能として、「騎乗中の戦闘」、「結婚システム」、「変身システム」、「ジョブチェンジ(転職)システム」などの様々な機能が実装されており、ゲームを進める度に楽しみ方が広がっていきます。
※『夢世界 -武林外伝-』では、コンセプトと致しまして"武侠"という言葉を使用しないことと致しました。『夢世界 -武林外伝-』の持つ"ファンタジー" や"冒険"などの世界観やイメージを保つことが理由となっております。





■『MK-STYLE』とは  (リンク »)



オンラインゲームポータル「MK-STYLE」は、MMORPG(多人数同時参加型オンラインRPG)の草分け的作品である「プリストンテール」、世界最高峰の自由度を誇るMMORPG「パーフェクトワールド -完美世界-」の運営を行っております。



また、新規展開タイトルとして「パーフェクト ワールド -完美世界-」の製作チームが手がけ、中国において最大同時接続数50万人を記録した「夢世界 -武林外伝-」のサービスを予定いたしております。



独自の会員を保有し、共通通貨である「MKポイント」をご提供することで、複数オンラインゲームの通貨を統一化、会員限定コンテンツのサービスを展開いたしております。




■『株式会社シーアンドシーメディア』について  (リンク »)



シーアンドシーメディアではオンラインゲームのプラットフォームとして、ポータルサイト「MK-STYLE」の企画、運営を行っております。



MK-STYLEを通じ、当社保有タイトルを中心にオンラインゲームパブリッシング事業を展開、また複合カフェ様のネットワークを通じ、オンラインゲーム等のパブリッシング事業も展開しております。




【事業内容】



C&M(クリック&モルタル)モデルオンラインゲームポータルサイト「MK-STYLE」の



企画、運営



オンラインゲームパブリッシング



ネットカフェパブリッシング(ネットカフェ向けオンラインゲームパブリッシング)



その他オンラインゲーム関連事業







■コピーライト



(C)北京完美時空網絡技術有限公司 2008 ALL RIGHTS RESERVED.



Copyright (C) 2008 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved.



■本件に関する報道関係者様からのお問い合わせ先




株式会社シーアンドシーメディア 広報担当
E-mail:info@cc-media.co.jp
TEL:03-3235-1402 FAX:03-3235-1421

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社シーアンドシーメディアの関連情報

株式会社シーアンドシーメディア

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!