株式会社サムライズ、 日本CA株式会社の 「CAWilyIntroscope」の販売開始

株式会社サムライズ 2008年03月04日

株式会社サムライズ(本社:東京都中央区晴海、代表取締役社長:谷利太郎、以下サムライズ)は、APM(ApplicationPerformanceManagement)実現ソリューション、「CAWilyIntroscope」の販売代理店契約を日本CA株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:根塚眞太郎、以下日本CA)と結び、販売を開始いたしました。

1.販売代理店契約締結の背景
サムライズは(株)アイ・ティ・フロンティアのソフトウエア・プロダクト販売事業の主管部門であったソフトウエア事業部が独立し、2006年8月に別会社として発足しており、ソフトウエア・プロダクトに関連する各種サービス全般を引き継いでおりましたが、今般、(株)アイ・ティ・フロンティアが販売しておりました「CAWilyIntroscope」に関しても、同社から事業を引き継いだサムライズが製品の販売にとどまらず、導入支援から多種サービスを組み合わせ、企業向けソリューションとして全面的に提供していくことに致しました。 そのために、この度の販売代理店契約締結になったものです。

2.CAWilyIntroscope概要
現在の企業の成功は、Webアプリケーションの可用性とパフォーマンスにかかっています。 「CAWilyIntroscope」はWebアプリケーション管理ソリューションで、今日の複雑なエンタープライズWeb環境におけるパフォーマンス問題をプロアクティブに検出し、問題を切り分けて診断し、エンタープライズWebアプリケーションがパフォーマンス目標・ビジネス目標を達成してエンドユーザに高品質のサービスを提供できるようにします。 J2EEアプリケーション、.NETアプリケーションのプロアクティブな運用を実現する性能管理ソリューションです。 モニター、アラート、分析、レポートという運用性能管理に必要なサービスを24時間365日提供し、アプリケーションと連携するサブシステムとのコネクタのサービスレベル監視、ユーザー視点の監視も実現、本番環境はもちろん、開発、検証環境においても効果を発揮します。
【サポート対象プラットフォーム】                                          IBMWebSphere、BEAWebLogic、SunJavaSystemApplicationServer7、OracleApplicationServer、FujitsuInterstage、ATGDynamo、MacromediaJrun™、SAPNetWeaver、JBoss、Hitachicosminexus、その他AIX、AS/400、HP/UX、Linux、S/390、Solaris、Windows、z/OSなどのオペレーティングシステムサポート。

詳細はこちら:  (リンク »)

【エンドースメント】
日本CA株式会社は、この度、サムライズ様と「CAWilyIntroscope」の提供に関する販売代理店契約を締結したことを大変喜ばしく思います。企業におけるWebアプリケーションの利用頻度とその重要性が益々増加する今日、Webアプリケーションのパフォーマンス管理は、最も重要な課題となっています。当社では、このWebアプリケーション・パフォーマンス管理ソリューションの重要性に早くから注目し、日本市場においても業界に先駆けて最先端のテクノロジを提供して参りました。今後、システム構築において優れた実績を誇るサムライズ様と共に、より高品質なWebアプリケーション・パフォーマンス管理ソリューションを提供し、お客様の企業競争力の向上に取り組んでまいります。
   
日本CA株式会社 ワイリー・テクノロジー事業部 
ゼネラルマネージャ  脇本亜紀



【株式会社サムライズ概要】
サムライズは(株)アイ・ティ・フロンティアのソフトウエア・プロダクト販売事業の主管部門であったソフトウエア事業部が独立し、2006年8月に別会社として発足しました。 ソフトウエア・プロダクトに関連する各種サービス全般を引き継いでおり、今後もEnterpriseWebSolutionを提供してまいります。
会社名:株式会社サムライズ(英文名:SAMURAIZCorporation)
発   足 :2006年8月
資本金:4,450万円
代表取締役社長:谷 利太郎
事業内容:
・ソフトウェア販売事業 (国内外ソフトウェア製品のマーケティング及び販売)
          ・サービス&サポート事業 
(国内外ソフトウェア製品の技術支援、保守、教育サービス、各種サービス)
          ・IT関連の事業開発・事業開発支援
 (新規商材の発掘・事業戦略の策定支援、ローカライゼーション、業界動向の調査・市場開拓・営業支援・
技術支援)
       主要仕入先  :株式会社アイ・ティ・フロンティア、 NTTソフトウェア株式会社、株式会社シンメ
トリック、日本CA株式会社、ハミングバード・ジャパン株式会社、フォーティファイ・ソフトウエア株
式会社、株式会社リンコム、WebTrendsInc.、

取引銀行   :三菱東京UFJ銀行 本店
主要株主:株式会社アイ・ティ・フロンティア、谷 利太郎、和田 竜男、 (五十音順)
本社住所:東京都中央区晴海三丁目2番22号晴海パークビル
電話      :03-5548-8820(代)
URL      : (リンク »)

■本件に関する問い合わせ先
株式会社サムライズ、
報道関係からの問い合わせ:マーケティング 担当:山口03-5548-8824
お客様からのお問い合わせ、ならびに製品に関する問い合わせ:担当:高橋 03-5548-8822

*プレスリリースに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。
以上

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社サムライズの関連情報

株式会社サムライズ

株式会社サムライズの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?