So-net、クイズ型オークション参加サイト『クイズ脳オークション』を開始~クイズに答え、貯めたポイントでオークションに入札、欲しい賞品をゲット~http://www.so-net.ne.jp/qui

ソネットエンタテインメント株式会社 2008年03月03日

From PR TIMES

ソネットエンタテインメント株式会社(サービス名称:So-net、以下So-net)は、クイズ型オークション参加サイト『クイズ脳オークション』を本日3月3日(月)に開始いたします。
このサイトは会員登録*1後、課金もしくは、“e-Coupon”*2にて、クイズ解答用のクイズシートを入手します。クイズに解答後、正解した数とその難易度によって異なるポイント(“脳オクポイント”)を貯めます。
貯めたポイントは、人気ゲーム機、アクセサリー、家電製品をはじめとした、常時約200点の賞品から、希望賞品をポイントにてオークション形式で入札。一番多く“脳オクポイント”を入札した人に賞品が落札されます。
また今後の賞品については、非売品のキャラクター商品や、人気アーティストとのコラボレーション企画など、他では買うことのできない賞品展開を行う予定です。
なお、3月3日(月)~4月7日(月)までの約1ヶ月間、『クイズ脳オークション』のスタートを記念して、キャンペーンを実施します。



『クイズ脳オークション』 概要

■内容
・ クイズシート概要
“脳オクポイント”を入手するためのクイズシートの問題数、価格、正解による“脳オクポイント”の獲得数は以下の通りです。

(1)レギュラーシートの場合
・シート数:1枚 
・1シートについての問題数:計9問
・課金価格:1枚105円(税込み)
・“e-coupon”との交換ポイント数:105pt
・全問正解した場合の“脳オクポイント”獲得数:1,050“脳オクポイント”

(2)その他、シート購入の詳細
・『クイズ脳オークション』内、「クイズストア」ページをご参照下さい。


■ 推奨環境

 <ブラウザ>
 ・Windows
  InternetExplorer6.0以上、Firefox1.5以上
  Cookie、JavaScriptが使用できる設定であること
 ・Macintosh
  MacSafari2.0以上、Firefox1.5以上
  Cookie、JavaScriptが使用できる設定であること

*1 会員登録
ご利用にはSo-netIDが必要です。So-netIDは入会金・月会費無料の「こんてんつコース」に
ご登録いただくことで取得できます。
*2 “e-Coupon”とは
So-netのご利用金額に応じてポイントが貯まるSo-netのポイントサービス。
貯まったポイントは、商品と交換でき、有料コンテンツの利用などに使うことができます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
キャンペーン 概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「クイズ脳オークション」では、開設を記念して、以下のキャンペーンを実施中です。

1. キャンペーン実施期間
2008年3月3日(月)~2008年4月7日(月)
2. 特典内容
詳しくは、『クイズ脳オークション』内をご参照下さい。

【参考】
■ 画像:『クイズ脳オークション』の遊び方 

1. 『クイズ脳オークション』トップページから、
「クイズストア」ページに入ります。

2. 「クイズストア」ページでクイズを選択、クイズに解答し正解すると、
“脳オクポイント”が貯まります。

3. 貯めた“脳オクポイント”で、欲しいと思った賞品を入札。最高ポイント数をゲットした人には賞品が落札されます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ソネットエンタテインメント株式会社の関連情報

ソネットエンタテインメント株式会社

ソネットエンタテインメント株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!