本社、日本移転を記念し、値下げによる価格改定

CorporateSSL(R)サーバ証明書、大幅な値下げによる価格改定のお知らせ

株式会社トリトン 2008年03月04日

CorporateSSL(R)全製品並びにCOMODOEVSSL、コードサインを大幅値下げ

2008年3月1日に、本社日本移転を記念致しまして、CorporateSSL(R)全製品並びにCOMODOEVSSL、コードサインを大幅値下げさせていただきました。

CorporateSSL(R)は、国内証明書発行数7,000枚超のToriton,IncSSLの上位の位置づけで、企業認証専用版となり、Dunsナンバー又は帝国データバンクコードをお持ちの企業の方は、書類の郵送は必要ありません。証明書発行までの手間と期間を短縮できます。


ブラウザ対応率も99.3パーセントと殆ど主要なブラウザに対応しております。

SSLサーバ証明書の普及を願った価格でのご提供となります。

詳細は、以下リンクのCorporateSSL(R)サイトにてご確認下さい。

用語解説

SSL:SecureSocketsLayerの略で、米Netscape社が開発した、Webサーバとブラウザ間で暗号化通信を行う為に作られが、保護される為の標準的なプロトコル(セキュリティ技術)です。オンライン取引、パスワード、個人的情報や重要情報などを盗聴、改ざん、なりすましなどから守るために、暗号化通信を行うため利用されています。
EVSSL:ExtendedValidationの略で従来のサーバ証明書機能の他に、セキュリティ強化されたブラウザで視覚的に、簡単に本物のサイトと偽のサイトを見分ける機能と保証が付いています。米国CA/Bフォーラム(CAブラウザフォーラム)により、厳格な規格を定められた、世界統一の認証方式による信頼度の最も高いSSLサーバ証明書です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社トリトンの関連情報

株式会社トリトン

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!