マイクロソフトとオウケイウェイヴ、業務・資本提携を発表

ウェブ検索を補完し、インターネットの次のトレンドとなる「コミュニティQ&A」分野で協業

株式会社オウケイウェイヴ 2008年03月11日

マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、以下 マイクロソフト)と日本初、日本最大級のQ&Aサイト「OKWave」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(代表取締役社長:兼元 謙任、本社:東京都渋谷区、以下 オウケイウェイヴ)は、マイクロソフトコーポレーション(代表者:CEO スティーブ バルマー、所在地:米国ワシントン州レドモンド)とオウケイウェイヴが、2008年3月11日に業務・資本提携に関する契約を締結したことを発表しました。

このたびの資本・業務提携は、日本市場において、マイクロソフトが展開する検索サービスLive Searchを始め、ウェブサービスのWindows Live、インターネットポータルサイトMSNと、オウケイウェイヴが展開するQ&Aサイト「OKWave」の連携を深めることで、両社サービスの利用者へのより高い付加価値のサービス提供とさらなる利便性の向上を図ることを目的としています。
この業務提携をより密接にかつ確実に進めていくため、マイクロソフトコーポレーションは、オウケイウェイヴより第三者割当による発行新株式9,000株の引受を行います(出資比率10.52%)。本提携による両社のシナジー効果を最大化するため、マイクロソフトコーポレーションによる日本のオンラインサービス事業においては初の日本企業との資本提携に至っています。


(注)Q&Aサイト:悩みや疑問を持った方が質問をすると、別の方々が知識や経験に基づいて回答を寄せるコミュニティーサイト。Q&Aサイト「OKWave」では、現在1,450万件以上のQ&Aが取り交わされています。


マイクロソフトとオウケイウェイヴでは、2006年10月より日本市場において「MSN」と「OKWave」の連携によるQ&Aサイト「MSN相談箱」をMSN利用者向けに展開してきました。
Q&Aサイトは、米国インターネット業界においては2006年頃から急激な成長を示しています。国内インターネット業界においても、ウェブ検索だけでは探しにくいインターネット上の知識情報検索の一翼として、あるいは昨今注目を集めるインターネット上で消費者がクチコミ的にコンテンツを形成していくCGM(Consumer Generated Media)の1つとして、今後大きな市場を生み出すものとして期待されています。
マイクロソフトは日本市場におけるパートナーであるオウケイウェイヴのコミュニティサービスへの知識とQ&Aインフラを活用することで、検索サービスのLive Searchを始め、Windows Live/MSNの各サービスと「OKWave」のQ&A機能の連携強化を図ります。オウケイウェイヴはWindows Live/MSNの国内3,500万人におよぶ利用ユーザへのQ&Aの提供を促進し、ウェブ検索に次ぐ新たなインターネット市場の創出を進めます。

■マイクロソフトコーポレーションの概要
(1) 商号マイクロソフトコーポレーション
(2) 事業内容コンピュータソフトウエア開発および関連製品の営業・マーケティング
(3) 設立年月1975年4月
(4) 本社所在地米国ワシントン州レドモンド
(5) 代表者CEO スティーブ バルマー

■MSN ( (リンク ») ) / Windows Liveについて
MSN/Windows Live は、全世界の47市場で展開、21言語に対応し、毎月世界中の4億6,500万人以上のユーザに利用されているインターネットポータルサービスです。日本では、国内最大規模の550万人が利用する MSN Hotmailや、540万人が利用する MSN メッセンジャー/Windows Live メッセンジャーを始め、MSNスペース/Windows Live スペース、MSNマネーなど毎月3,500万人のユーザー(ブラウザベース)に利用されています。
Windows Live は、インターネットサービスとソフトウェアで構成される個人向け新サービスです。PCやそのほかのデバイスへ Web を経由して提供される、より安全かつセキュリティレベルの高い機能を活用して、ユーザにとって最も関心のある連絡相手、情報および興味などが、ひとつに統合されています。MSNとWindows Live は相互を補完しあうサービスとして、並行して提供されます。2007年11月8日に新世代Windows Liveとして正式版の提供を開始しています。
Windows Liveの詳細は、こちらのサイトをご参照ください。 (リンク »)

■株式会社オウケイウェイヴの概要
(1) 商号株式会社オウケイウェイヴ
(2) 事業内容Web2.0による日本最大級のQ&Aサイト「OKWave」の運営と企業向けサービス
(3) 設立年月1999年7月
(4) 本社所在地東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル5F
(5) 代表者代表取締役社長 兼元 謙任
(6) 資本金8億3,100万円(2007年12月31日現在)
(7) 従業員数67人(2007年12月31日現在)

■日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」について  (リンク »)
株式会社オウケイウェイヴは世界中の人と人を信頼と満足で繋いでいくことを理念に、1999年7月設立。米国で今日注目を集めるQ&Aサイトを2000年1月にいちはやく「OKWave」として開設。会員数105万人、月間訪問者1,000万人以上、月間ページビュー数2.8億を数え、蓄積されたQ&A数は1,450万件以上(2008年3月11日現在)。「OKWave」の仕組みは大手ポータルサイトや企業の顧客サポート部門等、50社以上が導入しています。
更に、その運営ノウハウを応用し、拡大を続けるサポート市場を中心にFAQ(よくある質問と回答)作成管理ツール「OKWave Quick-A」やQ&A情報活性化ツール「OKWave ASK-OK」等のソリューションを国内大手企業を中心に約200社が導入。今後は、Q&Aへの課金市場創出に向け、2010年の10言語、100ヶ国への事業展開を目指します。2006年6月に名証セントレックスに株式上場(証券コード:3808)。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR